最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「新事業創生」目的のM and A適正対価 | トップページ | 人気商品トップのスマホ景気とドコモの定性的情報 »

2011年11月 1日 (火)

丸紅が中国儲備糧管理グル-プと提携など、業績好調下の進展

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

11月に入ったので、各社上半期の業績発表が相次ぐが、タイ国の水害も加わって、メーカーには業績の下方修正が目立つのに対して、既に昨日(2011-10-31)、増収増益を発表した丸紅始め、商社の業績は概ね好調の模様である。ここでは丸紅の発表について、事業分野ごとに海外企業と提携の進捗状況を要約し、ビジネスノウハウの蓄積という知財増殖の成果に期待したい。

1     丸紅の食料部門・上半期売上高は、穀物単価上昇等により、1兆0495億円に達し前年同期比22.5%著増、その営業利益175億円で31.0%著増だが、丸紅はこの間、中国儲備糧管理グル-プ傘下の中儲糧油脂、および、中国最大業についての戦略提携意向書に調印した。ベトナムにおいても、ベトナム・ドンナイ省国営企業・ドンナイ・フードインダストリアルと、飼料インテグレーションにおける提携合意書を締結した。これらにより、穀物輸入国への原料供給に留まらず、中国・アセアンの成長市場の飼料事業を手掛け、総合的穀物事業の拡大に進む。食品分野では、中国最大の食品メーカー・旺旺グル-プと戦略的包括提携の意向書を締結し、香港旺旺控股、なとりとの三社で、加工食品事業の合弁会社を設立することとした。また、中国最大の果汁飲料メーカー・中国匯源集団との、飲料全般の戦略提携の覚書を締結した。

2     丸紅のライフスタイル部門において、中国最大級の総合繊維企業・上海紡績、および、ベトナム最大の繊維公社・Vietnum National Textile and Garment Groupと戦略提携した。両社との提携を活かし、衣料品・生活用品の海外調達・海外販売やシャツ・ユニフォームの対日輸入を拡大する。

3     丸紅のエネルギー部門において、LNG/ガス事業開発分野では、2011-04に米国石油開発大手・Marathon Oilから一部権益を取得した米国中西部・Oil Shale鉱区の掘削が着実に進んでいる。丸紅は、持分埋蔵量の積み増しと、生産量の維持拡大を推進する。

4     丸紅の自動車販売事業について、米国大手自動車販売金融会社・West Lake Services が実施する第三者割当増資の全株式を引き受け、その経営に参画している。

5     丸紅の船舶事業について、2011-10-12に丸紅は、Teekay LNG Partnersと共同で、デンマークA.P. Moller-Maerskが保有するLNG船8隻の所有権益を14億ドルで購入に同意した。

6     丸紅の電力事業について、カリブ垂直統合型電力事業案件を子会社化した。オマーン・スール発電事業に係る事業権を獲得、インドネシア・ジャワ島の石炭火力発電所の運営に参画、英国・洋上風力発電への出資参加に基本合意、タイ・大型火力発電所拡張案件の契約を受注した。

佐成重範弁理士所見→ 上記のほか、通信・繊維・化学部門で活発な海外受注が見られ、丸紅のグローバルな全分野活動展開と増収増益増配に刮目する。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)   

« 「新事業創生」目的のM and A適正対価 | トップページ | 人気商品トップのスマホ景気とドコモの定性的情報 »