最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ソニー上半期赤字発表への反響と、ソニーの対応 | トップページ | 山武はAutomation Zone Builder,、azbil、アズビルに本社名変更 »

2011年11月 4日 (金)

空間の高付加価値化自在の立川ブラインド、著増益

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

野村IRの紹介で立川ブラインド工業の報告が届いた。「ブラインド街」は本来、立派な商店街という盛大な意味だったのが、ネガティブな印象にもなった昨今だが、立川ブラインド工業の「ブラインド」は、「朝・昼・夜・光を自在に操る新発想ロールスクリーン」を始め、Spaceを高付加価値化する新たな発想に満ち、最近の営業利益著増が、その高価値を表現していると思う。例えば「人と光のあいだに優しい快適を」のコンセプトのもとに、「キッチンにシルキーアクア」「間仕切りにパネル間仕切りプレイス」「リビングに木製ブラインド・フォレティア」「サンルームにアコーディオンカーテン」「子供部屋にセンシェトブラインドアフタービート」「浴室にロールスクリーン浴室タイプ

」「寝室にクレアスローマンシェード」「ダイニングにシルキー」「和室に竹簾ロールスクリーン」「書斎にラインドレープ木製タイプ」「小窓にブリーツスクリーンペルレ」と、多彩多様に画像され、自在に新空間を創出できる希望で元気付けられること著しい。

ブラインド業界全体としても、新技術開発の意欲旺盛で、最近の特許庁公開発明(SANARI PATENT要約)を見ても、例えば、

1.    機能性と意匠性を同時追求する、立川ブラインド工業「カーテンレール及びカーテンレール取付ブラケット」(特許庁公開日2011-10-13)→カーテンレール内を移動するランナーおよびカーテンレールの外周面上を移動するリンングランナーを、共に支持可能としながら、意匠性に優れたカーテンレール取付装置を提供する。

2.    採光性と断熱性を同時追求する、クラレクラフレックス「透光性遮熱シート、これを利用した障子シート、ブラインドのスラット、開口建具用のシートおよび開口建具」(特許庁公開日2011-10-13)→採光性と断熱性に加えて、日射遮蔽係数に優れた、繊維構造体から成る透光性遮熱シートと、これを用いた部材を提供する。

3.    吸音性と装飾性を同時追求する、東京ブラインド工業「吊り下げ型の吸音装置」(特許庁公開日2011-10-06)→吸音基材の吸音性能を維持した状態で、表面材の吸音・装飾などの諸機能を付加して取扱容易な装置を提供する。など。

佐成重範弁理士所見→ 長年、宝生流謡曲に親しんできたので、立川ブラインド工業の今次報告書に能舞台の映像を見たときは嬉しかったが、能面の幽かな動きが、情感えお微妙に表現することに着眼している立川ブラインド工業の創案に表敬する。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« ソニー上半期赤字発表への反響と、ソニーの対応 | トップページ | 山武はAutomation Zone Builder,、azbil、アズビルに本社名変更 »