最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« パナソニック・トヨタ・日立など電磁誘導技術関連特許発明の活況 | トップページ | NTT・DIMENSION DATA 社(ディメンションデータ社)のグローバル事業 »

2011年10月17日 (月)

フォトダイオード関係技術の特許庁公開事例著増

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

ダイオードの種類は、その半導体構造と使用目的の両面から分類され命名されるので、名称数も累増しているが、特許庁公開件数から見れば、LED(発光ダイオード)の4万8633(2011-10-17現在)に次いで、PD(フォトダイオード)の1万3286()が多い。2011-10-13同日公開のみでも、次のように多分野のメーカーが先端を競っており(内容SANARI PATENT要約)、それらの、他種ダイオードとの複合利用など高度の活用がわが国産業の再活性化に直結すると期待される。

(1)  住友電気工業「光モジュール」(特許庁公開日2011-10-13以下各項目同日)→小型化に寄与し、モニタ・フォトダイオードの検出精度を更に高めることができる光モジュールを提供する。

(2)  オリンパス「固体撮像装置およびその駆動方法」→ フォトダイオードのリセット、リセットの解除、フォトダイオードからの信号電荷読み出し制御およびリセットレベルの制御を行う回路構成により、電源電圧の変動や、画質に影響するノイズを低減できる固体撮像装置およびその駆動方法を提供する。

(3)  東芝「固体撮像装置」→ フォトダイオードの回路構成により、フローティングディフュージョンのダイナミックレンジの確保と電界起因ノイズの抑制とを両立して実現可能な固体撮像装置を提供する。

(4)  ホーチキ「光電変換装置」→ フォトダイオード回路構成により、メンテナンスの手間を増やすことなく、長時間の停電時にも動作を継続できる光電変換装置を提供する。

(5)  セイコーエプソン「光学センサー及び電子機器」→ フォトダイオードの回路形成により、小型化可能な光学センサー及び電子機器を提供する。

(6)  ソニー「固体撮像装置およびその製造方法、並びに電子機器」→ 所定のフォトダイオード回路構成により、移動する高輝度被写体を撮像した際の軌跡状ノイズの発生を抑制する固体撮像装置およびその製造方法、並びに電子機器を提供する。

(7)  豊田中央研究所ほか1「光検出器」→ 所定のフォトダイオード回路構造により、アバランシェ効果を利用した光検出器の温度特性を安定化させた光検出器を提供する。

(8)  パナソニック「固体撮像装置およびその製造方法」→ フォトダイオードで形成する回路により、集光率を向上できると共に、エッチング層の形成を防止する固体撮像装置およびその製造方法を提供する。

佐成重範弁理士所見→ 可変容量ダイオード、定電圧ダイオード、定電流ダイオード、レーザダイオード、整流ダイオード、検波フォトダイオード、小信号ダイオード等々、ダイオード機能の広汎性に基づく多種名称が付されてきたが、これらとの組合せを含めて、フォトダイオードの機能領域の拡大が予想される。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« パナソニック・トヨタ・日立など電磁誘導技術関連特許発明の活況 | トップページ | NTT・DIMENSION DATA 社(ディメンションデータ社)のグローバル事業 »