最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 流通業向け端末で国内首位の東芝テック業況 | トップページ | エネルギー基本計画変革下のJXホールディング »

2011年6月 5日 (日)

ペルーLNG事業・豪州塩田事業など丸紅の海外状況

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

6-6(承前B Site 2011-06-05 丸紅の事業報告)中国の自動車産業の伸長により、合成ゴム製造事業が順調に推移した。

6-7 石油化学分野ではオレフィン、合繊原料の取引が好調であった。

6-8 豪州の塩田事業、および、海外の農薬・肥料事業が全般的に堅調だった。

6-8 電子材料分野では、太陽光電池・液晶関連部材を中心に荷動き活発だった。

6-9 南米初のLNG輸出プロジェクトであるペルーLNG事業で出荷を開始し、順調に操業している。

6-10 米国メキシコ湾の石油・ガス生産権益群を取得し、生産量・埋蔵量を積み増した。

6-11 チリのエスペランサ銅鉱山が、ほぼ予定通り生産を開始し、日本向けに銅精鉱を初出荷した。

6-12 豪州レイクバーモント炭鉱の拡張を決定した。

6-13 ブラジル製ジェット旅客機5機を、日本航空インターナショナルおよびフジドリームエアラインに引き渡した。

6-14 LNG船用船事業に新規参画した。

6-15 自動車・建設機械・農業機械について、世界経済の回復に伴って収益を拡大すると共に、アフタサービスなど景気動向に左右され難い分野での取組を強化した。

6-16 台湾・新桃発電事業権益の買い増し、および、カナダ・ローリー風力発電事業への参画など、民間独立発電事業への参画を実現した。

6-17 米国テキサス州規制送配電事業に参画し、送電線ビジネスへの進出を果たした。

6-18 電力機器納入・工事請負分野では、ベトナム・ギソン1石炭火力案件、バングラディシュ・ハリプール複合火力案件などの大型案件を受注した。

6-19 (以下B Site 2011-06-06

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« 流通業向け端末で国内首位の東芝テック業況 | トップページ | エネルギー基本計画変革下のJXホールディング »