最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« J-Power Promotes World-wide Energy Development by Multi-Resources | トップページ | 旭化成の蓄電器素子開発など多分野展開 »

2010年12月 3日 (金)

ロシア連邦宇宙局の国際宇宙ステーションにニコン製品

弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

ニコンの海外(ロシア連邦など)比率は8割を超え、「一眼レフでキャノンと双壁、半導体・液晶製造用露光装置で世界的、液晶露光装置は中国での大型受注が寄与」と見られる(会社四季報)。ニコンの上半期中間報告(2010-04-01~2010-09-30)も届いたが、「アジアでは中国を中心に景気が拡大し、わが国・米国および欧州では回復傾向を示すなか。為替相場は急激な円高が進行した」という環境のもとで、「精機事業およびインストルメンツ事業においては、事業環境の好転により設備投資が活発化し、映像事業においては、デジタル一眼レフカメラ市場が大幅に拡大すると共に、コンパクトデジタルカメラも伸長した」と述べている。売上高は2006年度上半期と同水準にまで回復し、営業利益は黒字に転換した。

ニコンの特許発明活動は益々活発で、現時点(2010-12-02)の特許庁公開発明件数は3万1803件に達しているが、このうち、昨月中(2010-11)に特許庁公開されたもののみでも192に及んでいる。例えば、

1.    振動アクチュエータ、レンズユニットおよび撮像装置(特許庁公開日2010-12-25)→ アクチュエータの効率を向上させる。

2.    振動アクチュエータ、レンズユニットおよび撮像装置(特許庁公開日2010-12-25)→ 配線板と振動子との相対的な位置関係を確保できるアクチュエータを提供する。

3.    モータ装置およびステージ装置並びに露光装置(特許庁公開日2010-12-25)→ 配管を用いることによる悪影響を排除できるモータ装置を提供する。

4.    容量性素子の駆動装置(特許庁公開日2010-12-25)→ 容量性素子に印加される信号の電圧を安定させることができる容量性素子の駆動装置を提供する。

5.    モータ駆動回路(特許庁公開日2010-12-25)→ 電流指令値通りの電流をモータのコイルに流すことができるモータ駆動回路を提供する。

SANARI PATENT所見

ニコンの宇宙関連製品を始めとする特注機器を扱うカスタムプロジェクツ事業では、固体レーザー、光学部品関連の販売増で売上が大きく伸びている。特に、ロシア連邦宇宙局の国際宇宙ステーションでの記録撮影用としてニコン製品が常備され、受注が更に継続している。ニコンは、既存・新規両分野で新規事業の創出を目指しており、特許発明の成果顕現が望まれる。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« J-Power Promotes World-wide Energy Development by Multi-Resources | トップページ | 旭化成の蓄電器素子開発など多分野展開 »