最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Japan Communications Inc. Releases Micro SIM Card for iPhone 4 Comfortably with Docomo | トップページ | Joint Study Meeting on Japan/China/Korea Free Trade Agreement »

2010年8月29日 (日)

METI Founds Commendation System for Promoting Career Education

 経済産業省が「キャリア教育アワード」を創設

弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

子供達に対して、仕事のやりがいや、学校での学びと実社会とのつながりを伝える「キャリア教育」が重要であるとして、経済産業省(担当:経済産業政策局産業人材政策室)が、これに取組む企業等の活動を表彰する「キャリア教育アワード」を創設した(2010-08-24)。このアワードに応募する企業等の取組を広く募集している。その内容(SANARI PATENT要約)を見ると、

1.      近年、学校教育や社会教育などの人材育成分野で、企業等による支援事例が増加している。

2.      これらの活動は、単なる社会貢献活動にとどまらず、社員のモチベーション向上につながるなど、企業側にも様々な効果をもたらしている。

3.      経済産業省は、これからの社会を支える子供達に対する社会的投資として、教育への参画活動を更に促進し、その成果を広く社会で共有することを目的として、企業等における教育活動の先進的な取組を表彰する「キャリア教育アワード」を創設した。

4.      キャリア教育とは、その実施を通じて、青少年一人一人の個性・特性を見極め、将来の進路と日々の教育活動の意義を結びつけ、社会的自立に向けた力うぃ育んでいくものである。具体的には、職業体験活動やインターンシップ、また、授業内容と実社会のつながりを理解させる活動が含まれる。

SANARI PATENT所見

現行の学校教育法には、職業教育が各段階共通の項目として掲げられているが、社会も職業も、変動が著しい時流であり、教職の側と企業側との表裏一体の協力が必須である。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« Japan Communications Inc. Releases Micro SIM Card for iPhone 4 Comfortably with Docomo | トップページ | Joint Study Meeting on Japan/China/Korea Free Trade Agreement »