最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« METI Founds Commendation System for Promoting Career Education | トップページ | No-Wing Fan Introduced by METI’s Industry Technology Mail Magazine »

2010年8月30日 (月)

Joint Study Meeting on Japan/China/Korea Free Trade Agreement

日中韓自由貿易協定産官学共同研究会合9月初頭

弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

Twitter http://twitter.com/sanaripat

明後日(2010-09-01)から3日間にわたり、東京で、日中韓自由貿易協定産官学共同研究会合を開催する旨、経済産業省が発表した(2010-08-25)。課題は広汎で、知財との関連でも極めて重要だが、先ず経済連携協定(EPA)と自由貿易協定(FTA)の関連を確認しておく。

FTAは、特定の国や地域(SANARI PATENTは「国域」と総称している)の間で、物品の関税やサービス貿易の障壁等を削減・撤廃する協定である。

EPAは、FTAを柱として、人・物・カネの移動を自由化・円滑化し、幅広く経済関係を強化する協定であり、知的財産制度の調和を含む。

両協定の意義をまとめた記述としては、むしろ英文の経済産業省資料「How to Enjoy Preferential Tariff Rates through EPAs/FTAs (when importing from Japan)(2008 Version)」が明解である。すなわち、

1.    An EPA (Economic Partnership Agreement) is an agreement for trade and investment.

2.    Recently, Japan has concluded six EPA and a number of EPAs ara under negotiation, mainly with countries in Asia.

3.    EPAs give us (SANARI PATENT: 日本との協定相手国) an opportunity to import products from Japan with zero or low tariff rates.

4.    An FTA is an international treaty to eliminate tariffs imposed between countries or regions

5.    And to abolish regulations in the field of foreign investments in trade in services. It is likely that the contents of an FTA ara included in an EPA (Economic Partnership Agreement).

SANARI PATENT所見

外務省、財務省、経済産業省が、それぞれEPAFTAの関係報道をしているが、見れば分かるように、解説の態様がバラバラである。率直な見方としては、Wikipediaの「日本は、1999年に韓国との共同研究を皮切りに、本格的にFTAを推進する方針に転換した。しかし、韓国とのFTA交渉は遅れ、その間に日本は、シンガポールとの間でFTA交渉を進め、2002年に日本シンガポール新時代経済連携協定が発効した。メキシコとのFTAも締結した。ASEAN諸国との二国間FTA交渉に乗り出し、2007-04以降、日豪FTA交渉ヲ』開始したが、農業酪農関税の撤廃は日本産農作物・乳製品を圧迫するとして反発が相次いでいる」という記述が実態と思う。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください) 

« METI Founds Commendation System for Promoting Career Education | トップページ | No-Wing Fan Introduced by METI’s Industry Technology Mail Magazine »