最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Mr.T.Kadokawa Predicts the Advent of Mega-software Publisher by iPad Entrance | トップページ | Three Alternatives to be Selected by KADOKAW for the Next Digital Generation  »

2010年7月10日 (土)

Dai Nippon Printing Co. and Toppan Printing Co. Establish the Association for E-Publishing

 大日本印刷と凸版印刷が電子出版制作流通協議会を設立

弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 大日本印刷と凸版印刷が「電子出版制作流通協議会の設立」について次のように発表した(2010-07-09)(SANARI PATENT要約)

(1)  日本の電子出版ビジネスの成長と健全な発展のための環境整備を目指し、出版業界との密接な連携のもとで、電子出版制作流通関連事業者による協議会を2010-07-27に設立する。

(2)  この協議会では、電子出版ビジネスの発展に必要な課題の整理と検証、配信インフラ基盤に関する問題とその解決、市場形成における検証や電子出版振興に関する提言等、出版関連団体や権利者および行政機関との連携により、電子出版の振興に貢献する。

(3)  活動内容は、「電子出版制作流通に関する情報の共有」「制作・規格・仕様・流通に関する協議」「電子出版ビジネスの発展と普及に関する活動」「電子出版制作流通ビジネスにおける日本モデルの検討と協議」「商業・公共・教育・図書館等、電子出版関連分野の情報共有」である。

(4)  参加予定企業は、出版・印刷・流通・配信・デバイス・通信キャリア・関連技術開発企業・マーケティング企業など。

SANARI PATENT所見

 上記発表と前日(2010-07-08)、大日本印刷株式会社とCHIグル-プ株式会社は、「大日本印刷・CHIグル-プ、国内最大級の電子書店を今秋開設」と題し、「紙の書籍と電子出版コンテンツの制作・製造・配信までをワンストップで提供するハイブリッド出版ソリューションを強化」と副題して、「ハイブリッド」の機能を説明している。協議に先立つ事実先行の活況も予想される。(以下次回)

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« Mr.T.Kadokawa Predicts the Advent of Mega-software Publisher by iPad Entrance | トップページ | Three Alternatives to be Selected by KADOKAW for the Next Digital Generation  »