最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« TOYOTA Overseas Production Ninth Consecutive Month of Increase (2010-04) | トップページ | TOTO's New Business:Fuel Battery, »

2010年6月10日 (木)

Nifty, Founded Feb.1986, has FY2009 Revenues ¥101.9 billion by 610 IT Employees 

ニフティはブロードバンド接続会員増、サーバ仮想化、ウェブサービス内製化等で増収増益

弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 ニフティの今次事業報告(2009-04-01~2010-03-31)が届いた。ネット新時代の公私の業務と生活をニフティのサービスに依存している企業や生活者にとって、ニフティの健在と発展は大関心事である。今次報告の内容(SANARI PATENT要約)を考察すると、

(1)  売上高は10193500万円で、前年度比4.7%増、営業利益281100万円で19.3%増の増収増益を示している。

(2)  光回線接続会員の効率的獲得、2年間継続利用前提での割安コース販売、1年間継続利用で1カ月の料金無料コースの販売、イーアクセス2年割・固定モバイル組合せブロードバンドサービスの提供、NTT光接続サービスの新コース提供などに注力した。

(3)  ニフティ2020-3末の光接続会員数は123万人で2009-03末から9.8%増、ADSLMobile等を含むブロードバンド接続会員数は186万人で、3.9%増加した。

(4)  「常時安全セキュリティサービス」を拡販した(佐成重範弁理士も活用中)。

(5)  高速ワイヤレス通信サービス(WIMAX)を、Mobile Virtual Network Operator方式で提供開始した。

(6)  ケータイ向けコンテンツサービスを強化した。特にオリジナルコンテンツの開発による対他社差別化と利益率向上を実現しつつある。

(7)  ケータイ向け広告が順調で、映画・スイーツなど独自サービスのタイアップ広告も増加した。

(8)  オンラインカタログ分析サービスの機能を大幅に拡大し、拡販した。

(9)  ニフティサービスを運営・蓄積した仮想化技術・ノウハウを活用し、日本語で使えるパブリック型ウラウドサービス「ニフティクラウド」の提供を開始した。

SANARI PATENT所見

 上記業績のそれぞれについて、顧客のデータ保管サービス、トラベル解決サポート、ニーズ即応のサービス機能操作性向上、テーマ別集約による集客力強化とこれによる広告ビジネス拡大、注目デジタルコンテンツ販売、Consumer Generated Mediaの最大限活用、他社とのアライアンスによる最適マーケットソリューション、ニフティクラウドによる起業創出を企図・推進しており、経済産業省の新産業構造ビジョン案(近日中に新内閣閣議決定)にも寄与するところ多大と考える。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« TOYOTA Overseas Production Ninth Consecutive Month of Increase (2010-04) | トップページ | TOTO's New Business:Fuel Battery, »