最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Distinction of Mitsubishi Heavy Industry’s Synthesis Power  | トップページ | Augmented Reality Technology Develops Design Innovation  »

2010年5月 9日 (日)

SAGAWA Express Service Co. Deliver Precious Packages in the Vast City of Shanghai

 佐川急便が「上海で輸出入および中国国内物流の複合機能」提供

弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 芝浦工業大学校友会全国総会(2010-06-12)の通知が、佐川急便で届いた。芝浦工大の同窓生数十万は全国大企業のみならず中堅企業のオーナー経営者も多数だから、家族の会費は無料という例年の総会は人気歌手の出演や豪華籤引きがあって大変な賑わいである。それを伝達ビジネス佐川急便は、グローバルロジスティクスの雄として、世界最大万博の上海に新拠点を開設し、「上海保利佐川物流桃浦物流センター」として本格稼働と発表した(2010-04-15)。「上海で輸出入および中国国内物流の複合機能をご提供」と副題しているので、その展開への期待に心弾むのは、上海でも同業のヤマト運輸の黒猫氏を含めて、日本国民同様であろう。上記発表は次のように述べている(SANARI PATENT要約)

(1)  佐川グル-プの佐川グローバルロジスティクス株では、中国現地子会社である上海保利佐川物流有限公司が上海市内に桃浦物流センターを開設し、このたび本格稼働した。このセンターは上海においては、宝山物流センター(2009-02開設)に続くもので、中国国内では佐川の6番目の拠点である。

(2)  桃浦物流センターは、上海市北西部に位置し、同市中心部から車で40分、上海虹橋空港から30分と、交通アクセスが最適である。

(3)  佐川グローバルロジスティクスは、佐川グル-プのグローバルロジスティクス事業を担い(SANARI PATENT:ロジスティクスは、対象商品の発生地点から需要地点までの効率的・発展的な流れを、輸送・保管の関連情報の提供を含めて計画・実施・統制するプロセスである)、中国沿岸部を中心に展開して国内外一貫物流の発展強化を目指す。

(4)  今や中国は生産国から大消費国をも兼ねるべく、大きく変貌している。その巨大市場・上海に販路を求められる日系荷主企業も多く、ショップ展開や通販事業を開始するに当たり、中国での物流サービスについて多数の問い合わせを受けている。(SANARI PATENT考察: 今後の日本経済にとって最も重要な中国事業展開の案内機能を営んでいると言えよう)

(5)  佐川急便は、先発している上海大衆佐川急便物流や、2010-01に譲受した喜楽客思紡織品有限公司など、他の中国現地法人と連携して、総合物流事業を中国全土に拡大したい。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください) 

« Distinction of Mitsubishi Heavy Industry’s Synthesis Power  | トップページ | Augmented Reality Technology Develops Design Innovation  »