最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« How to Protect Business Secrets: METI Guides Method for Valuable Enterprise Info | トップページ | Promote Medical Industry Increasing the Number of Medical Doctors »

2010年4月11日 (日)

Competitiveness of Medical Treatment Industry

 医療の高度化・効率化における標準化と競争促進

弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

(承前2010-04-09記事) 医療産業の成長政策について、経済産業省の研究会で提起されている論点(SANARI PATENT要約)を考察する。

(1)  健康サービス産業の創出について先ず、「財政等コスト負担が厳しくなる中では、医療費削減の議論になるが、むしろ、良い医療には納得して負担をするという、Value for Moneyといった考え方が重要、という発言がある。(SANARI PATENT考察: 自由診療の強調で、医療格差を拡大する考え方であり、先ず、医師の大幅実現という政策ならば、財政支出の増加も容認されよう)

(2)  今後は、プロ医療にかかる前で信じているとき(SANARI PATENT考察: 経済産業省の記録の表現が、意味不明)と、プロ医療を離れた後の二つの段階に、新たな産業化の芽が眠っている。(SANARI PATENT考察: これも、具体的に明確な発言になっていないが、Self Medicationの推進の意味ならば大賛成で、スイッチOTCや、ネット医療販売の拡充を大幅に拡充すべきである。)

(3)  健康作りには保険会社が積極的に取組んでいるので、金融庁との連携も必要との意見がある。(SANARI PATENT考察: 保険会社の株式会社化等に伴う営利性の顕在化と、産業化との関係を明示すべきである。)

(4)  医療の産業化を進めるには、現場の視点に立ちながら、標準化すべき分野と、競争を促すべき分野の線引きが必要である。

(5)  IT活用については、標準化の欠如、医療機関と周辺産業との情報共有・活用について検討する必要がある。

(6)  医療の産業化を強化するためには、世界に冠たる基礎研究の成果が繋がっていく臨床研究部分を強化することが必要である。

(7)  経済産業省のみならず、厚生労働省や文部科学省などの関係省庁も組んで、競争力を高めて欲しい。

SANARI PATENT所見

 医療に関する特許制度の在り方が流動的に扱われてきたことも、競争政策の明確化を阻害している。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« How to Protect Business Secrets: METI Guides Method for Valuable Enterprise Info | トップページ | Promote Medical Industry Increasing the Number of Medical Doctors »