最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« NINTENDO 3DS Needs no Eyeglass  | トップページ | 2011 Bill for the Promotion of Re-Produce Energy »

2010年3月25日 (木)

Research and Development of thew Next Generation Car relating Technology

 次世代自動車(電気自動車およびハイブリッド自動車)と次世代好環境自動車(次世代自動車+CO2排出軽減在来車)

弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 次世代自動車の普及を加速しても、2020年時点では、その新車販売台数に占める比率は5割程度と見込まれるので、在来のガソリン車について、環境適応の革新が求められ、これをも加えて次世代好環境自動車と呼ぶことも一案である。

 従って、経済産業省の次世代自動車研究会(B Site 2010-03-25ご参照)では、研究開発・標準化について次のように述べている(SANARI PATENT要約)

(1)  電池の量産体制への投資リスク軽減について、政府の支援も含めて検討すべきである。

(2)  電池のサイクル、リユース、廃棄について、ライフサイクルのシステムを検討すべきである。

(3)  自動車は、買換えながら使い続けるため、買換えの際の残存価格評価が重要である。残存価格は、リサイクルの観点からも重要である。次世代自動車における残存価格評価に必要な環境整備について、法規面・税制面等、どのような対策が必要か、見極める必要がある。

(4)  在来車の研究開発も必要であり、電気自動車の研究開発も必要だが、企業にとっては、研究開発の負担が可なり大きい。自動車の鍵は、バッテリー性能の向上であり、これには産学官を挙げた研究開発の加速を要する。

(5)  標準化については欧州の方が進んでいる。(SANARI PATENT考察: 標準化はデファクトスタンダードの、市場シェア拡大による獲得によって達成すべきこと、SANARI PATENTの一貫した主張である)

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« NINTENDO 3DS Needs no Eyeglass  | トップページ | 2011 Bill for the Promotion of Re-Produce Energy »