最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Consumer Utilization of Nuclear Power Discussed at Paris International Meeting | トップページ | Over The Counter Business by SS Pharmacy  »

2010年3月13日 (土)

Measures to be Taken for IT Innovation 

情報サービス・ソフトウェア産業革新の具体策

弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 経済産業省が検討しつつある情報サービス・ソフトウェア産業革新の具体策は、次のように概観される。なお、B Site(2010-03-13)ご参照。

1、      情報サービス産業の国際競争力強化のため、先ず、その産業構造を可視化すこと、すなわち、情報サービス産業の基本的機能についての統一マップの作成と、個別プレヤー間のSLAに盛り込む事項の標準化を促進する。

2、      市場取引の可視化のため、信頼性評価指標、スキル評価ガイドライン、および、生産性価値実現ガイドラインを整備し、第三者機関による企業認定制度を創設する(SANARI PATENT考察:「官僚支配」と言われないように用心するは必要あり)

3、      政府調達改革のため、上記2の指標を活用した価値の可視化、取引関係・役割分担を可視化し、ベンダ間の競争環境の整備(SANARI PATENT考察:「天下り先に限定と言われないよう)、調達力向上の総合的な対策を樹立する。

4、      その他、グローバル展開を支援し、地域・ソリューション産業を活性化する。

5、      上記各項について特にソフトウェア産業の国際競争力強化策として、ソフトウェア分野の特許権行使についての準則の整備、裁定実施権制度の在り方の検討、独占禁止法による対応の強化を行う(SANARI PATENT考察:「裁定実施権制度」が、現実には一回も発動されず、その検討も内閣知財戦略本部発足以来、言われ続けてきたままであることを、先ず認識すべきである)

6、      また、オープンスタンダード・OSSに係る統一的なサポート体制を整備し、最適な組織体制を再構築する。

7、      さらに、公共性が高い応用分野の基盤を開発・標準化し、パラダイムシフトを起こし得る次世代型ITアーキテクチャーを開発し、国際規格の動向を注視しつつ、ソフトウェアエンジニアリングを推進する(SANARI PATENT考察:「注視しつつ」でななく「リードしつつ」の意気ごみではなかったのか)

8、      組込ソフトウェア産業を強化する。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください) 

« Consumer Utilization of Nuclear Power Discussed at Paris International Meeting | トップページ | Over The Counter Business by SS Pharmacy  »