最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Showa Shell Solar K.K. to Build a Solar Power Generation Plant in Miyazaki | トップページ | At Dubai’s Meydan Racecourse, Mitsubishi Electric and Sojitz Install Diamond Vision Screen  »

2010年2月 3日 (水)

TOYOTA Announces Remedy for Accelerator-pedal Recall 

トヨタのアクセルペダルに関するリコール対象車両の改善措置

弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 トヨタは、アクセルペダルの不具合に関するリコール対象車に関して、米国の対象車両となるRAV4、カローラ、マトリックス、アバロン、カムリ、ハイランダー、タンドラ、セコイアの各モデルに対する改善措置の内容を米国現地時間2010-01-01に発表した。技術上、関心が持たれるし、トヨタのビジネス方法特許の有用性についても検討対象としたくなるが、要するに発表内容は、「今回の改善措置の内容は、アクセルベダル内部にスチール製の強化板を挟むもので、これによりアクセルベダルの不具合の原因となるフリクションレバー部とベダルアーム部の接点に隙間を設けると共に、ベダル戻る力となるバネの反力を強化する」ものである。「欧州や中国およびその他の国・地域においても、同様の改善措置を実施する方針であり、その具体的内容は、各国当局と調整する」旨を述べている。

 直嶋経済産業大臣は記者会見で次のように応答した(2010101-29)(SANARI PATENT要約)

トヨタのリコール問題について、かなりリコール台数が拡大し、日本の代表企業の品質問題として影響が拡大していると思うが、ご出身ということも含めて、感想・見解はどうか。

A 出身はちょっと別として、逐一報告を受けているわけではなく、例えば米国では、米国政府の省庁との調整がまだ色々残っているというふうな報道をされているが、そういう状況かなと思う。実際、規模が大きいし、なかなか大変と思う。一種のグローバル経済の怖さというか、そういうものが出ていると思う。最終的には、きっちり対処していただいて、ユーザーの信頼をきちんと確保していただきたいとは思っている。」

SANARI PATENT所見

 トヨタのビジネス方法としてグローバルに模範おされている「見える化」ビジネスは、コンピュータを介さないビジネス方法特許という意味で、特許専門家が強調してきた特許技術である。このビジネス方法で、今次欠陥の発生が不可能であったのか、JR東海の「ボルト付け忘れ」大事故の防止と併せ考えて、憂慮する。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« Showa Shell Solar K.K. to Build a Solar Power Generation Plant in Miyazaki | トップページ | At Dubai’s Meydan Racecourse, Mitsubishi Electric and Sojitz Install Diamond Vision Screen  »