最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Three Urgent Problems as to Intellectual Properties | トップページ | So Far No Serious Accidents With Any Toyota Models involved in the two Recalls in Italy »

2010年2月17日 (水)

Smart Community Alliance Established by METI 

スマートコミュニティアライアンスの設立と参加企業募集

弁理士 佐成 重範 Web検索 SANARI PATENT

B Site http://sanaripatent.blogspot.com/

R Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 経済産業省の次世代エネルギー・社会システム協議会で、スマートコミュニティ推進組織の必要性が結論されたが、これを受けてスマートコミュニティアライアンスが設立され、2010-02-15から参加企業の募集を開始した。

 スマートコミュニティは、電気の有効利用に加えて、熱や未利用エネルギーも含めたエネルギーの面的利用や、地域の交通システム、市民のライフスタイルの変革などを複合的に組合せたエリア単位での次世代エネルギー・社会システムである。

 その背景を考えると、わが国が強みとする省エネ。新エネ技術により将来の成長      をささえていくためには、世界市場にアクセスし、ビジネスチャンスを獲得するため、オールジャパンで共通的な課題に対処する推進母体を、民間企業(電力・ガス・重電・家電・通信・デベロッパー等)が構築する必要がある。

 参加企業募集の実務は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が行うが、次世代エネルギー・社会システムの姿は、家庭・ビルなど個々の需要場所の姿、地域レベルの姿、全国レベルの姿のそれぞれと、それらの総合において構想されるべきである。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください) 

 

« Three Urgent Problems as to Intellectual Properties | トップページ | So Far No Serious Accidents With Any Toyota Models involved in the two Recalls in Italy »