最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Mitsubishi Electric to Sell New MPD Series of IGBT Modules  | トップページ | Sumisho Computer Systems Co. Promotes Business Value by Cloud Computing Service  »

2009年12月 5日 (土)

Mitsubishi Warehouse Develops China Transportation Business

Web検索 SANARI PATENT

中国貨物空輸で混載カーゴの三菱倉庫グル-プ

弁理士 佐成 重範 

Other Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Other Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

世界経済の停滞が倉庫業に影響するのは当然だが、三菱倉庫の上半期報告書には対応策が具体的に明示され、利益を確保した経営努力の成果が見られる。ビジネスメソッドとしてSANARI PATENTが特に注目したのは、三菱倉庫の連結子会社である香港三菱倉庫の中国における100%出資・菱陽国際貨運代理深圳有限公司が今年7月に、中国航空運輸協会発行の一類航空運輸販売代理店資格、いわゆる航空一代ライセンスを取得したというトッピクスである。

このライセンスの取得により同公司は、各航空会社から直接スペースを仕入れて混載カーゴを仕立てることができ、サービスメニューを一層拡充して、中国で事業展開する顧客に高品質なサービスを提供することが可能になった。同公司は今後、産業の高度化により物量の増加が見込まれる情報関連機器、自動車部品の、中国発・日本・欧米向けサービスなどを充実させ、取扱を拡大する。また、華東、華北地区を中心とする支店(分公司)網の整備を進め、中国全土での航空貨物業務展開の中核を担う。

三菱倉庫が、同公司と中国国内で倉庫・運送・フォワーディングを展開する各現地法人とのサービスの連携を強化し、さらには、米国、欧州、東南アジアの三菱倉庫ネットワークと有機的に連携し、Supply Chain Managementに貢献することが期待される。

(コメントは sanaripat@gmail.com  にご送信ください)

« Mitsubishi Electric to Sell New MPD Series of IGBT Modules  | トップページ | Sumisho Computer Systems Co. Promotes Business Value by Cloud Computing Service  »