最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« General Affairs Minister Cuts 1000 Billion Yen from FY 2009 Supplementary Budget | トップページ | Tele-work Promotion Stressed by the General Affairs Ministry »

2009年10月 5日 (月)

SaaS by NTT Data Empowered by Setten by NTT Com 

NTT連結5社(NTT東西、NTT ComNTT DataNTT Dokomo)の全体構造変換

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

政権交代で米国FCC類似構想やICT機能の新展開など、電気通信分野の動きは国内外にわたって活発化し、G8G7を経てG20から日米中欧G4、ロシアを含むG5などのグローバル変革を支持していく。

NTT ComSettenについて,http://plazarakutencojp/manepat に述べたので、NTT Dataの「MaDoRE」(マドア)」がSaaS型サービスへ大幅リニューアル」を、NTT秋季報によって見よう。

1.      投資コスト削減のためSaaS型サービスへの企業ニーズが加速しているが、NTT Data2009-07に、地図コンテンツ配信プラットフォームMaDoREを大幅にリニューアルし、SaaS型サービスとして新たに提供を開始した。(SANARI PATENT考察: 例えばオラクルでは「SaaS型なら低価格」としてコスト削減のもとに、CRMCustomer Relation ManagementSolution on Demand提供するとして、Oracle CRM On DemandSaaS型サービスの花形である。NTT Dataも同種のメニューを持つ。)      

2.      新しいMaDoREは、多彩な業務プリケーショント各種コンテンツの中から必要なものを選択し、これらをワンストップで利用できるSaaS型サービスである。このリニューアルを契機として、営業周辺業務を支援する業務アプリケーションや各種コンテンツを一層充実し、NTT傘下プラットフォームとの連携を強化して拡販する(NTT Data2009-03期売上高2693億円で、対前年度比10%増)。

3.      業務アプリケーションには、顧客管理(CRM)や営業支援(SFA)、ビジネスインテリジェンス(BI)など、営業周辺業務を中心として多様なラインアップを用意し、またコンテンツには、全国の表札付き住宅地図、地価データ、地域特性データなど数多く提供できる。これらを組合わせて活用することにより、見込み客の開拓や顧客フォローの強化など、収益向上、業務効率化をサポートする。

4.      SaaS型サービスのほか、既存システムと連携するシステム構築も可能である。

5.      要するにSaaSは、顧客のニーズに応じて、「各種の業務アップリケーション」と「各種コンテンツ」を組合わせて、認証サーバ、他ベンダーまたは他プラットフォームを経由しインターネットを通じて顧客個別データベースまたは個別アプリケーションサーバに入力し、顧客の要とに即して機能するものである。

6.      NTT ComSettenも、今後の検証を経て、SaaSの機能を高度化するものと、SANARI PATENTは予測する。

(コメントは sanaripat@gmailCom に御送信下さい)

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

« General Affairs Minister Cuts 1000 Billion Yen from FY 2009 Supplementary Budget | トップページ | Tele-work Promotion Stressed by the General Affairs Ministry »