最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Specific Improved Points in the Curriculum of Science Course of Junior High School  | トップページ | Revised Curriculum of National Language for Junior High School  »

2009年10月17日 (土)

Electric Circuit, Current, Voltage, in the Sxience Course of Junior High School 

新学習指導要領における中学校・理科の内容の例示

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Sub Site http://patentsanari.cocolog-nifty.com/blog

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

11. (承前2009-10-16記事) 改訂された中学校理科の課程で、どの程度の内容が含まれているか、一例を見る。

11-1 回路と電流・電圧

 小学校では、第3学年で電気を通すつなぎ方と通さないつなぎ方があること、第4学年で乾電池の数やつなぎ方を変えると、豆電球の明るさが変わることについて学習している。

 ここでは、簡単な直列回路や並列回路における電流や電圧に関する規則性を、実験を通して見出ださせ、回路の基本的な性質を理解させることがねらいである。

 この学習では先ず、回路の作成の仕方、電流計や電圧計、電源装置などの扱いに習熟させることが重要である。例えば、豆電球などの抵抗および電源装置を入れた簡単な回路を作らせ、その回路に流れる電流や、抵抗に加わる電圧の測定などを行わせ、回路の作成の仕方、電流や電圧の測定など、基本的な技能を身に付けさせる。その上で、二つの抵抗をつなぐ直列回路や並列回路などの簡単な回路の各点を流れる電流や、各部に加わる電圧などを調べる実験を行い、規則性を見出ださせる。

 電流については、分岐点のない回路では、回路のどの部分でもデンルウの大きさが等しいこと、分岐点がある場合は、流入する電流の和と流出する電流の和が等しいことを見いださせる。また、電圧については、抵抗を直列につないだ回路では、各抵抗の両端の電圧の和が回路の電圧に等しいこと、抵抗を並列につないだ回路では、それぞれの抵抗の両端の電圧は等しいことなどを、実験を通じてその結果を分析して解釈させ、その規則性を見いださせる。・電圧と抵11-2 電流・電圧と抵抗

 小学校では、第3学年で電気を通す物と通さない物があることについて学習している。。ここでは、金属線などに加える電圧と流れる電流を調べ、それらの関係を見いだすこと及び電気抵抗の概念を導入することがねらいである。

 例えば、電熱線などの金属棒を入れた回路で、金属棒に加える電圧と流れる電流の大きさの関係を測定する実験を行い、測定値をグラフ化し、結果を分析して解釈させ、電圧と電流が比例関係にある」というを見いださせる(以下略)

SANARI PATENT所見

 最近、中高一貫校が増えており、別途の考案を用意することが望ましい。

(コメントは  sanaripat@gmail.com   に御送信下さい)

« Specific Improved Points in the Curriculum of Science Course of Junior High School  | トップページ | Revised Curriculum of National Language for Junior High School  »