最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« General Affairs Ministry Invites Public Comments on Digital Contents (2) | トップページ | Enhancement of Creative Incentives by Self-Distribution of Contents  »

2009年8月12日 (水)

Enhancement of Creative Incentives by Self-Distribution of Contents 

番組製作者自体が放送コンテンツの流通を担う方法

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

1-1-3-3 (承前2009-0811記事)実演家にとって、露出のコントロールも含め、許諾権は非常にコアな部分であり、ビジネスに必須なものである。アーティストが許諾権を失って報酬請求権しか持たない状況になると、権利者の権利が守られず、正当な対価も保障されない。

1-1-3-4 「あなたの作品を利用するから許諾しなさい」と圧力をかける社会はよい社会ではない。創作者の意思を尊重しつつ、多くのコンテンツがいつでもどこでも自分の選択で見ることができる社会を構築すべきである。

1-1-3-5 権利者の権利を制限するような立法が行われた場合、コンテンツ創造のインセンティブが低下し、コンテンツ力が弱まり、コンテンツの流通促進にもコンテンツ大国の形成にもつながらない。

1-1-3-6 許諾権の存在がコンテンツ流通の阻害要因になったことはない。コンテンツ以外の全ての商取引と同様に、取引される商品に見合う対価が提示されない場合に商取引は成立しない。成立しない取引を、権利者の権利を制限することによって無理に成立させることは、重大な権利侵害行為である。

1-1-3-7 許諾権の扱いについて、時間がないからといって拙速に走り、権利の切り下げになれば、取引の活性化にはつながらない。

1-1-3-8 著作権や許諾権がネックではなく、ビジネスを行う上で不可欠な要素である「誰がリスクとコストを負担するのかという部分が欠落していることが問題である。

1-2 権利処理効率化に向けた具体策

1-2-1 ネット権という一つの提案に対して、反対であれば代案を出し、あるいは、法律による解決方法には全て反対か、意見を述べるべきである。

1-2-2 映像コンテンツ権利処理機構の設立は、実演家の権利を尊重しながら効率的な権利処理とコンテンツ流通促進を実現するものである。

2.放送コンテンツの製作取引に関する諸課題

2-1 民間主導のマルチユース推進の取組として、AMDアワード(SANARI PATENT: 総務省所管の社団法人・デジタルメディア協会が設けている賞)において「マルチユーストライアル」が行われている。その目的は、製作のリスクとコストを負担する意欲ある番組製作者が、放送コンテンツの流通を自ら担う機会を得ることで、さらに創造インセンティブを向上させることにある。

(コメントは sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

Enhancement of Creative Incentives by Self-Distribution of Contents 番組製作者自体が放送コンテンツの流通を担う方法

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

1-1-3-3 (承前2009-0811記事)実演家にとって、露出のコントロールも含め、許諾権は非常にコアな部分であり、ビジネスに必須なものである。アーティストが許諾権を失って報酬請求権しか持たない状況になると、権利者の権利が守られず、正当な対価も保障されない。

1-1-3-4 「あなたの作品を利用するから許諾しなさい」と圧力をかける社会はよい社会ではない。創作者の意思を尊重しつつ、多くのコンテンツがいつでもどこでも自分の選択で見ることができる社会を構築すべきである。

1-1-3-5 権利者の権利を制限するような立法が行われた場合、コンテンツ創造のインセンティブが低下し、コンテンツ力が弱まり、コンテンツの流通促進にもコンテンツ大国の形成にもつながらない。

1-1-3-6 許諾権の存在がコンテンツ流通の阻害要因になったことはない。コンテンツ以外の全ての商取引と同様に、取引される商品に見合う対価が提示されない場合に商取引は成立しない。成立しない取引を、権利者の権利を制限することによって無理に成立させることは、重大な権利侵害行為である。

1-1-3-7 許諾権の扱いについて、時間がないからといって拙速に走り、権利の切り下げになれば、取引の活性化にはつながらない。

1-1-3-8 著作権や許諾権がネックではなく、ビジネスを行う上で不可欠な要素である「誰がリスクとコストを負担するのかという部分が欠落していることが問題である。

1-2 権利処理効率化に向けた具体策

1-2-1 ネット権という一つの提案に対して、反対であれば代案を出し、あるいは、法律による解決方法には全て反対か、意見を述べるべきである。

1-2-2 映像コンテンツ権利処理機構の設立は、実演家の権利を尊重しながら効率的な権利処理とコンテンツ流通促進を実現するものである。

2.放送コンテンツの製作取引に関する諸課題

2-1 民間主導のマルチユース推進の取組として、AMDアワード(SANARI PATENT: 総務省所管の社団法人・デジタルメディア協会が設けている賞)において「マルチユーストライアル」が行われている。その目的は、製作のリスクとコストを負担する意欲ある番組製作者が、放送コンテンツの流通を自ら担う機会を得ることで、さらに創造インセンティブを向上させることにある。

(コメントは sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

Enhancement of Creative Incentives by Self-Distribution of Contents 番組製作者自体が放送コンテンツの流通を担う方法

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

1-1-3-3 (承前2009-0811記事)実演家にとって、露出のコントロールも含め、許諾権は非常にコアな部分であり、ビジネスに必須なものである。アーティストが許諾権を失って報酬請求権しか持たない状況になると、権利者の権利が守られず、正当な対価も保障されない。

1-1-3-4 「あなたの作品を利用するから許諾しなさい」と圧力をかける社会はよい社会ではない。創作者の意思を尊重しつつ、多くのコンテンツがいつでもどこでも自分の選択で見ることができる社会を構築すべきである。

1-1-3-5 権利者の権利を制限するような立法が行われた場合、コンテンツ創造のインセンティブが低下し、コンテンツ力が弱まり、コンテンツの流通促進にもコンテンツ大国の形成にもつながらない。

1-1-3-6 許諾権の存在がコンテンツ流通の阻害要因になったことはない。コンテンツ以外の全ての商取引と同様に、取引される商品に見合う対価が提示されない場合に商取引は成立しない。成立しない取引を、権利者の権利を制限することによって無理に成立させることは、重大な権利侵害行為である。

1-1-3-7 許諾権の扱いについて、時間がないからといって拙速に走り、権利の切り下げになれば、取引の活性化にはつながらない。

1-1-3-8 著作権や許諾権がネックではなく、ビジネスを行う上で不可欠な要素である「誰がリスクとコストを負担するのかという部分が欠落していることが問題である。

1-2 権利処理効率化に向けた具体策

1-2-1 ネット権という一つの提案に対して、反対であれば代案を出し、あるいは、法律による解決方法には全て反対か、意見を述べるべきである。

1-2-2 映像コンテンツ権利処理機構の設立は、実演家の権利を尊重しながら効率的な権利処理とコンテンツ流通促進を実現するものである。

2.放送コンテンツの製作取引に関する諸課題

2-1 民間主導のマルチユース推進の取組として、AMDアワード(SANARI PATENT: 総務省所管の社団法人・デジタルメディア協会が設けている賞)において「マルチユーストライアル」が行われている。その目的は、製作のリスクとコストを負担する意欲ある番組製作者が、放送コンテンツの流通を自ら担う機会を得ることで、さらに創造インセンティブを向上させることにある。

(コメントは sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

Enhancement of Creative Incentives by Self-Distribution of Contents 番組製作者自体が放送コンテンツの流通を担う方法

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

1-1-3-3 (承前2009-0811記事)実演家にとって、露出のコントロールも含め、許諾権は非常にコアな部分であり、ビジネスに必須なものである。アーティストが許諾権を失って報酬請求権しか持たない状況になると、権利者の権利が守られず、正当な対価も保障されない。

1-1-3-4 「あなたの作品を利用するから許諾しなさい」と圧力をかける社会はよい社会ではない。創作者の意思を尊重しつつ、多くのコンテンツがいつでもどこでも自分の選択で見ることができる社会を構築すべきである。

1-1-3-5 権利者の権利を制限するような立法が行われた場合、コンテンツ創造のインセンティブが低下し、コンテンツ力が弱まり、コンテンツの流通促進にもコンテンツ大国の形成にもつながらない。

1-1-3-6 許諾権の存在がコンテンツ流通の阻害要因になったことはない。コンテンツ以外の全ての商取引と同様に、取引される商品に見合う対価が提示されない場合に商取引は成立しない。成立しない取引を、権利者の権利を制限することによって無理に成立させることは、重大な権利侵害行為である。

1-1-3-7 許諾権の扱いについて、時間がないからといって拙速に走り、権利の切り下げになれば、取引の活性化にはつながらない。

1-1-3-8 著作権や許諾権がネックではなく、ビジネスを行う上で不可欠な要素である「誰がリスクとコストを負担するのかという部分が欠落していることが問題である。

1-2 権利処理効率化に向けた具体策

1-2-1 ネット権という一つの提案に対して、反対であれば代案を出し、あるいは、法律による解決方法には全て反対か、意見を述べるべきである。

1-2-2 映像コンテンツ権利処理機構の設立は、実演家の権利を尊重しながら効率的な権利処理とコンテンツ流通促進を実現するものである。

2.放送コンテンツの製作取引に関する諸課題

2-1 民間主導のマルチユース推進の取組として、AMDアワード(SANARI PATENT: 総務省所管の社団法人・デジタルメディア協会が設けている賞)において「マルチユーストライアル」が行われている。その目的は、製作のリスクとコストを負担する意欲ある番組製作者が、放送コンテンツの流通を自ら担う機会を得ることで、さらに創造インセンティブを向上させることにある。

(コメントは sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

Enhancement of Creative Incentives by Self-Distribution of Contents 番組製作者自体が放送コンテンツの流通を担う方法

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

1-1-3-3 (承前2009-0811記事)実演家にとって、露出のコントロールも含め、許諾権は非常にコアな部分であり、ビジネスに必須なものである。アーティストが許諾権を失って報酬請求権しか持たない状況になると、権利者の権利が守られず、正当な対価も保障されない。

1-1-3-4 「あなたの作品を利用するから許諾しなさい」と圧力をかける社会はよい社会ではない。創作者の意思を尊重しつつ、多くのコンテンツがいつでもどこでも自分の選択で見ることができる社会を構築すべきである。

1-1-3-5 権利者の権利を制限するような立法が行われた場合、コンテンツ創造のインセンティブが低下し、コンテンツ力が弱まり、コンテンツの流通促進にもコンテンツ大国の形成にもつながらない。

1-1-3-6 許諾権の存在がコンテンツ流通の阻害要因になったことはない。コンテンツ以外の全ての商取引と同様に、取引される商品に見合う対価が提示されない場合に商取引は成立しない。成立しない取引を、権利者の権利を制限することによって無理に成立させることは、重大な権利侵害行為である。

1-1-3-7 許諾権の扱いについて、時間がないからといって拙速に走り、権利の切り下げになれば、取引の活性化にはつながらない。

1-1-3-8 著作権や許諾権がネックではなく、ビジネスを行う上で不可欠な要素である「誰がリスクとコストを負担するのかという部分が欠落していることが問題である。

1-2 権利処理効率化に向けた具体策

1-2-1 ネット権という一つの提案に対して、反対であれば代案を出し、あるいは、法律による解決方法には全て反対か、意見を述べるべきである。

1-2-2 映像コンテンツ権利処理機構の設立は、実演家の権利を尊重しながら効率的な権利処理とコンテンツ流通促進を実現するものである。

2.放送コンテンツの製作取引に関する諸課題

2-1 民間主導のマルチユース推進の取組として、AMDアワード(SANARI PATENT: 総務省所管の社団法人・デジタルメディア協会が設けている賞)において「マルチユーストライアル」が行われている。その目的は、製作のリスクとコストを負担する意欲ある番組製作者が、放送コンテンツの流通を自ら担う機会を得ることで、さらに創造インセンティブを向上させることにある。

(コメントは sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

« General Affairs Ministry Invites Public Comments on Digital Contents (2) | トップページ | Enhancement of Creative Incentives by Self-Distribution of Contents  »