最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« DAINIPPON SUMITOMO PHARMA Increases Production Power in China  | トップページ | Reactions of Seven-Eleven Japan to Fair Trade Commission  »

2009年7月 5日 (日)

JR East 2020 Vision Open the Way to New Business 

JR東日本のグル-プ経営ビジョン2020と今次事業報告

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/ NTTデータの海外展開加速

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat カワイのピアノ、中国市場

1.      JR東日本経営ビジョンの影響度

 2009年度初に公表した経営ビジョン2020について清野社長はインタビュー応答として次のように述べている(SANARI PATENT要約)。

1-1      これまでJR東日本の経営は順調な成果を挙げてきたが、将来を見通すと、人口減少社会の到来や、交通市場の競争激化に加え、顧客の要望も益々高度化・多様化し、経営環境は急激に変動する。これまでの成功体験に安住し、変革の手を緩めることは許されない。

1-2      JR東日本グル-プの事業の核である鉄道は、今日・明日では突然変わらないが、10年経てば大きく変わっているという事業の特性がある。例えば、Suicaや湘南新宿ライン、八重洲口ビル群などは、10年前には存在しなかった。これらは、大きな夢を描き、長期的視点で施策を継続したから実現できた。

1-3      今回のビジョンも、高い目標に「挑む」こと、従来の取組の枠を超えて自己変革する「経営のギアチェンジ」、この二つがキーワードである。「挑む」は、JR東日本グル-プ全員が共有すべき価値観であり、ビジョン全体を貫くコンセプトである。10年後の「あるべき姿」を目指してチャレンジする。

1-4      「経営のギアチェンジ」については、「7つのギアチェンジ」として、具体的な項目を挙げた。「投資の積極化」や「新たな事業分野への進出」などだが、従来の延長線にないやり方で取組む。

1-5      会社発足以来、JR東日本の鉄道運転事故件数は約4分に1に減少したが、ゼロ目標を引続き掲げて、ハードとソフトの両面から施策を展開する。

2          SANARI PATENT所見   

 JR東日本は知的財産権も多数取得しているが、このようなビジョンが最も価値高い知的財産である。

 「鉄ちゃん不況知らず」と題して、昨夕の朝日新聞が「不況の中、鉄道ファンの手堅い需要に各業界が注目するとして、ホテルが「電車が見える部屋」プランを売り出したり(実例多数)、大学が社会人向けに「鉄道漬け」の講義を企画したり、異業種からの新規参入も目立っていると、報じている。そう言えば、佐成重範弁理士が現在の四谷3丁目の前に位置していた市ケ谷、自衛隊と対面したマンションの上層は、JR東日本の中央線往復を俯瞰する絶好の場であった。孫の男の子が飽かず眺めていたが、東大電気卒後、現在JR東日本の新宿本社で活躍している。新宿の開発は、それこそ「挑む」に値いする規模で、国土の構造を変革する成果を挙げよう。

(コメントは sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

JR 鉄道 Suica 湘南新宿ライン

« DAINIPPON SUMITOMO PHARMA Increases Production Power in China  | トップページ | Reactions of Seven-Eleven Japan to Fair Trade Commission  »