最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« NISSHIN OilliO Develops China Market  | トップページ | TOYOBO Creates New Value by High-Function Products  »

2009年6月30日 (火)

TOYOTA Top Management Message Touches Upon North America  

豊田章男トヨタ新社長の就任挨拶における北米市場

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/  SaaSの利用状況

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat  大日本印刷と子会社・丸善

 GMがトヨタとの合弁を解消するとの報道は、ネットとテレビで早朝から伝えられたが、トヨタ側からはテレビインタビューで厳しい事態の認識が示されるにとどまっている。一般的には、連携の継続が既定のように報道されてきたから、国際情勢が予断を許さないことを、改めて認識させた。

1.マスコミで例えばNIKKEI NET(ニューヨーク武類雅典2009-06-30-0413)は、次のように伝えた(SANARI PATENT要約)

1-1 GM29日、トヨタと共同出資する米小型車合弁会社NUMMICalifornia)から撤退することを明らかにした。1980年代には「世紀の提携」と呼ばれた合弁事業は解消する見通しだ。(SANARI PATENT注:New United Motor Manufacturing, Inc.1984年設立。トヨタのかんばん方式を導入して低コスト・高効率な生産を意図し、トヨタ・シボレー・ポンティアック・ヴォルツなどを生産してきた)。

1-2 GMは連邦破産法11条(日本の民事再生法相当)の適用申請後、トヨタと、NUMMIの経営方針について協議を進めてきた。しかし、GMの事業を継承して発足する新生GM向けの生産車種選定で両社は合意できず、GMは、NUMMIのGM保有株を清算会社となる旧GMに移すことを決めた。

2.上記についてトヨタの声明は、SANKEI JP 2009-06-30-0958が次のように伝えた。

「トヨタは、GMが25年にわたる良好な関係を終え、NUMMIの事業から撤退する選択をしたことを残念に思う。トヨタの」希望は合弁事業を続けることであった。GMの決断は尊重するが、経済やトヨタを取り巻く事業環境も大変厳しく、GMの決定で更に困難さが増す。今後のNUMMIについては、様々な要因を見極めながら、選択肢を顧慮する。

3 豊田新社長就任挨拶(2009-06-25)のグローバル版は、北米市場について次のように述べている。

I would like to touch upon North America, which Mr.Niimi, executive vice president, will oversee.

Sales in the North American-Market have dropped off sharply recently, but with vehicle ownership at 250 million units and with the population increasing, I firmly believe this market will recover.

And when it does, it may have a different lock than than today’s market with its focus on full-sized models. So we will need to be insightful in our approach to the full-sized-vehicle segment, where the market could shrink further.

That said, North America has been a major engine of growth for TOYOTA to this day, and it will remain an extremely important market for us. TOYOTA will further strive to establish a more autonomous operation in the Region, continue planting roots in the local community, and work as a member of North American society to produce the best vehicles there.

SANARI PATENT所見

 上記25日挨拶と30日声明を総合して、北米におけるトヨタの今後を考察していくべきである。

(コメントは sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

« NISSHIN OilliO Develops China Market  | トップページ | TOYOBO Creates New Value by High-Function Products  »