最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« The Direction of “FUND” Policy  | トップページ | Technology Strategies in Various Fields  »

2009年6月 7日 (日)

Towards Early Recovery, Companies Determine that 

各社株主総会に今後の決意表明

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 四谷三丁目の街角は、10日開店のセブンイレブンの装いが麗しく(地方銀行撤退の跡地)、四丁目も三丁目もそれぞれ金ピカの御神輿と樽酒で賑わっている。さて株主総会集中日を前に、事業報告書が累積しているが、前半は良好、後半は激変という過年度報告はほぼ一様ながら、新年度の戦略は多様である。備忘して1年後に、実績と対照することとする。

1 東洋紡

1-1     足元を固める:

1-1-1      収益力の確保: 2008秋以降の急激な需要減に対して東洋紡グル-プは、製造固定費の圧縮、変動費単価の引き下げ、あらゆる経費の徹底的な削減など、100億円規模の効果を目標とする緊急のトータルコスト削減活動を既に開始している。

1-1-2      キャッシュフロー重視: 2008年度から、低価法を厳格に適用するなど、在庫に対する意識改革と、在庫管理を徹底し、売上高規模に応じた在庫水準に引き下げることにより、運転資金を削減する。設備投資については、投資案件を厳選し、投資規模の圧縮によってフリーキャッシュフローを確保する。

1-1-3      資産効率の向上: 事業の絞り込みを進める。スペシャルティ事業においても、成長分野への資源再配置により資源効率を高める。

1-2          成長への布石を打つ: 中期的にスペシャルティ事業の更なる拡大を図るため、開発を「成長の鍵」と位置づけ、研究開発費を減らさず、新製品・新事業を創出・育成する。開発テーマの進捗管理と、テーマ改廃を徹底させると共に、環境浄化、エネルギー、バイオ、機能膜での新テーマ創出を全社で進める。

2               淀川製鋼所

2-1          金融危機の引き金となった海外の金融システムの機能は未だ万全とは言えず、世界経済の早急な回復は期待できないと予想されている。

2-2          国内高炉メーカーは、原料価格の値下げ交渉を進めてはいるものの、硬直的な国内高炉製品価格と、市況に鋭敏な国際価格には、大きな乖離が生じている。為替レートも、海外の同業他社との競争上、極めて不利になっている。

2-3          従って、コスト削減と共に、ユーザーとの連携を深める。(以下次回)

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

Recovery  東洋紡 淀川製鋼 為替レート

« The Direction of “FUND” Policy  | トップページ | Technology Strategies in Various Fields  »