最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Fine Ceramics Industry as a Basis for the Revitalization of Economy | トップページ | Nippon Steel Co. vs. Toyota Co. After World Financial Crisis  »

2009年6月22日 (月)

Global Econmy Strategy Suggested by Trade White Paper 2009

 副題「ピンチをチャンスに変えるグローバル経済戦略」と知的財産

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 2009通商白書(2009-06)は標記のように副題を付されたが、この「経済戦略」は広義の知的財産戦略そのものである。以下、その要旨(SANARI PATENT要約)を考察する。

1.      世界金融危機の原因の総括: 米国始め先進諸国の年金基金等や新興国の外貨準備等の世界的な投資資金が増大し、主に米国の住宅担保証券等に流入してバブルを形成し、その崩壊が引き金となって世界同時金融危機が発生した。

2.      世界金融危機の波及経路は、3つのパターンで考察できる。

2-1 信用膨張型の危機経路: 米国、英国、スペイン、アイルランド等で、住宅価格上昇の年率が1割を超え、危機発生後は、住宅バブルの崩壊と、金融システムの混乱により、国内消費が大幅に減退した。

2-2 輸出主導型の危機経路: 日本、ドイツ、韓国、シンガポール等で、輸出依存度が日本では17.6%、ドイツ、韓国では46%を超え、危機発生後は、米国等の先進諸国における需要の急減により、輸出が大幅に後退した。

2-3 新興国ブーム型の危機経路: 中東欧諸国等で、対外銀行債務比率がハンガリー50.2%、エストニア68.8%など著増し、危機発生後は、西欧等資金供給国の景気後退により、海外資金流入が急減した。

3.      各国の景気対策

3-1 主要国は、金融安定化措置のほか、大型景気対策を実施した。

3-2 2009-04ロンドンサミットで、参加国は20101年までに総額5兆ドルの財政出動を合意した。

3-2-1 日本: 2008年度補正予算75兆円(GDP14.8%)、2009年度補正予算57兆円(GDP11.2%)

3-2-2 米国: 7872億ドル(77兆円)(GDP5.5%

3-2-3 中国: 4兆元(58兆円)(GDP13.3%

3-2-4 韓国: 81兆ウオン(6.4兆円)GDP8.0%

3-2-5 EU: 4000億ユーロ(54.9兆円)GDP3.3%

3-2-6 英国: 28億ポンド(0.4兆円)(GDP0.2%

3-2-7 ドイツ: 855億ユーロ(11.8兆円)GDP3.4%

3-2-8 フランス: 364億ユーロ(5.0兆円)GDP1.9%

8-2-9 豪州: 524億豪ドル(4.1兆円)GDP4.4%

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

« Fine Ceramics Industry as a Basis for the Revitalization of Economy | トップページ | Nippon Steel Co. vs. Toyota Co. After World Financial Crisis  »