最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« World 4 Polar Establishments of SUMITOMO Chemical Co.  | トップページ | Utility of Presents for Stockholders by AJINOMOTO Co.  »

2009年6月27日 (土)

DENKA Products Worldwide: Popullar in African Hair Style 

電気化学工業株式会社「トヨカロン」ヘア美装をアフリカ女性愛好など、DENKAの世界展開

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/  プラント輸出

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat  消費者金融4社

 諸社株主総会に、二桁減収・減益・純損失の事業報告が相次いだが、電気化学工業の場合は、2009-03期の連結売上高3341億円で、8.2%の減にとどまり、当期純利益が有価証券評価損などで減少しつつも、14億円超の利益を計上している。海外比率(現30%超:会社四季報の数値より大)拡大の意欲(50%超を志向)が、今次報告に特集された「世界に広がるDENKA製品トヨカロン」にも示された。要約すると、

1.      ファッション用ウィッグ(かつら)やヘアピース(付け毛)など、頭髪製品用の原糸として利用されている。トヨカロンは、この用途向けの合成繊維の中でも高級品に位置付けられ、シルキーな感触、豊富なカラーバリエーション、優れたカール性が高評価され、世界的に高いシェアを有している。

2.      トヨカロンは、生産量のほとんどが輸出され、アジアやシュリカなどの加工メーカーを経て、アフリカ諸国や米国で販売されている。日本ではおれほど馴染みがないファッション用の頭髪製品だが、これらの国々では広く使われ、専門店のほかスーパーやヘアサロンで多種類販売されている

3.      特に黒人女性の髪は縮れ毛で、一本一本が非常に細いので、ヘアスタイルを整えるため薬品を用いて非常に手間がかかるが、トヨカロンによって様々なスタイルを手軽に楽しめる。

SANARI PATENT所見

 わが国はアフリカへのODA援助などで、例えば米作を指導し成果を挙げているが、一国一議決権の国連加盟国において4分の1の国数を有するアフリカは、資源国としての地位も高め、国際的重要性を益々高めている。アフリカの女性また世界に拡散しているアフリカ系女性に日本国産品が頭髪用に広く愛好されることは好ましい。

 なおDENKAは、「アジア地域統括持株会社」を設立した。発表(2009-04-13)を要約すれば、

1.      DENKAはシンガポールにて、100%出資のアジア地域統括持ち株会社を新規設立する。インドに代表される南アジアおよびタイ・ベトナム等の南アジア市場でのvDENKAグル-プの事業活動を強化する。

2.      シンガポールの既存子会社2社を傘下に置く。

(コメントは sanaripat@gmail.com に御送信下さい)

« World 4 Polar Establishments of SUMITOMO Chemical Co.  | トップページ | Utility of Presents for Stockholders by AJINOMOTO Co.  »