最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« AEON’s Business Model is Changing  | トップページ | Specific Cases of Structure Problems in Japanese Electric Machines  »

2009年5月17日 (日)

Sales of Eco Electrical Appliances Enlivened by Eco-Point

Sales of Eco Electrical Appliances Enlivened by Eco-Point+Bic-Point  テレビ東京WBSが放映するエコポイント+ビックポイントの活況

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 ビックカメラ(東証1部)の中間報告書(2008-09-01~2009-02-28)が届いた。この半年間の連結売上高が29464400万円で、前年同期の31167700万円と対比し厳しい市場環境が示されている。しかし、景気回復の端緒を早く見たい国民にとって、テレビ東京の人気番組WBSがビックカメラ新宿西口店のエコポイント電化製品販売の活況ぶりを放映したことは、経済政策の効果を実証して見せたことともなり、景気起動の機能を果たすよう望まれる。

 

 ビックカメラは、「大都市駅前」を中心とする出店で発展してきたが(ヤマダ電気は地方都市遍在から大都市に延伸)、テレビ報道画面に連続的に登場するビックカメラ新宿西口店は、「駅前」であると共に「駅中」のメリットを最大に享受できる小田急ハルクの2階から6階を占有している。メトロ丸の内、都営、大江戸の各地下鉄駅に構内連結し、JR・私鉄を含めて、ギネス世界記録認定では一日平均乗降客数346万人を超える世界最多乗降客数の「新宿駅圏」中心に立地している。

 今次報告書のトピックスとしては、次のように述べている(SANARI PATENT要約)。

1.      JR新潟駅南口に新築された「CoCoLo南館」内にビックカメラ新潟店を、駅直結で開店した(2009-02-20)

2.      ビックカメラ鹿児島中央駅店のオープンを予定(2010)

3.      ベスト電器と連携のB&B山口本店をオープン(2009)

4.      JR西日本と一体化カード登場(2008-02-01)

5.      SUICA電子マネーサービス開始(2009-03-01)

6.      JR北海道Kitaca電子マネーサービス開始(2009-03-14)

SANARI PATENT所見

 株主構成で488%の創業者・新井隆二(司とも)氏の創意が、強力に業績を牽引してきたと思われる。ビック(Bic)カメラかビッグ(Big)カメラかも、新井氏がバリ島を訪れた際に現地の子供の言葉「ビック」に「偉大な」という意味があり、英語の方言の意味とも一致しているとして、使い始めたと解説されている。エディオンとの業務提携およびその解消の経緯、長期保証、専門販売員、まとめ買いアドバイザ、特製カレンダー、電子マネー、クレジットカード、「煙草屋の娘」の替え歌CM、羽根布団、メガネ、酒などへの商圏拡大、なんば通りを「好きやねん大阪」「ビックカメラ通り」と呼び慣わしたこと、核実験反対、等々、諸般の創意が横溢して、ビックカメラ新宿西口店に出入するだけでも、元気と先端生活知識を与えられる。

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

WBS ビックカメラ エコポイント 景気 電子マネー

« AEON’s Business Model is Changing  | トップページ | Specific Cases of Structure Problems in Japanese Electric Machines  »