最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Suspending Function of Patent Discussed at JPO  | トップページ | METI Vice Minister Mochizuki Comments on Revitalization of Industry  »

2009年4月24日 (金)

G7 vs.G20 : Which is the Motive Power of Economic Recovery ? 

両会議合意(2009-04-25)における中国・インド

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 G7G20の存在意義が比較される趨勢にあるが、中国の内需が自動車、TVその他家電に対する政府補助を契機として、日本製品を含めて急速に伸長していることなど、G7外の新興国が世界経済回復を起動する気配が強く、米国財務長官がいう両者のComplimentary(補完的)関係も、考察の視点を変える必要が見え始めた。

 GDP比重がしばしば引用されるが、統計技術上、必ずしも的確とは言えない。しかし目途として見ておく必要はあるから、まず名目GDP(単位10億ドル)で構成比を見る。

     2003       2007

世界  37,076.9    54,686.0

日本    4,226.8     4,374.9

米国    10,900.6    13,768.3

カナダ     852.8     1.420.5

英国     1,816.7     2,786.4

イタリア 1,520.2     2,076.2

ドイツ   2,447.1     3,332.8

フランス 1,816.7     2,660.8

G7 計 23,580.9    30,419.9

G7の対世界比率は、63.6%から55.5%に低下している。

上表にG20を付加する。

   2003       2007

G7     23,580.9    30,419.9

中国     1,631.4     3,387.4

インド     593.2     1.147.4 

韓国       593.2       983.4

インドネシア

           222.5       437.1

ロシア     444.9       1,311.3

アルゼンチン

           111.2         273.2

ブラジル   556.2       1,311.3

メキシコ   630.3         874.2

EU(除G7

          3,781.8       5,572.9

トルコ      222.5        491.7

サウジアラビア

            222.5        382.5

南アフリカ  148.3        273.2

オーストラリア

            556.2        928.8

G20   33,295.1      47,531.1 

G20合計の比率は90%弱で推移しているが、これは日本や米国の比率が低下しているためである。

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

« Suspending Function of Patent Discussed at JPO  | トップページ | METI Vice Minister Mochizuki Comments on Revitalization of Industry  »