最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Innovation of Solar Battery Module  | トップページ | Utilizing Space Environment  »

2009年4月 3日 (金)

e-Leaflet Business by Toppan Co. 

トッパンの電子チラシ事業

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat  小中一貫教育拡大

の意味

 トッパンの当第3四半期連結累計期間(2008-04-01~2008-12-31)の事業報告が届いた。売上高は対前年同期比2%増の1兆2524億円だが、この期間の原材料費高騰や製品価格競争の激化で、利益は減少している。中身を見ると、

(1)  商業印刷関連で、チラシが順調に推移し、パンフレットやDMが増加したが、業界の広告宣伝費削減によって12月以降は減速傾向にある。

(2)  ビジネスフォーム関連では、データプリントサービスは好調に推移し、ビジネスフォームは微増となった。

電子チラシ事業は最近特に注目を集めており、トッパンの今次報告でも下記のように特集している(SANARI PATENT要約)

1.      情報関係の変革

  生活スタイルの多様化や、インターネット・ケータイの発達によって、生活と情報の関係が大きく変革しつつある。必要に応じツールを使い分けている。トッパンは、世の中の変化を素早く先取りすることで、常に生活者や企業のニーズに応えたサービスを生み出してきたが、電子チラシもその一つである。好きな時に、欲しい情報を、生活者のパソコンやケータイに届ける画期的サービス「シュフー」は、メーカー、流通、生活者の高い評価により大きく成長している。

2.      変化するチラシ事情

  チラシは重要な販促媒体だが、新聞購読率の低下と共に、到達率(目的の顧客層に読まれる確率)が低下傾向にあり、従来の取組だけでは販促効果が一層低下する(SANARI PATENT考察: 佐成重範弁理士所在のビルには、郵便受けにチラシ廃棄受けが併設されていて、新聞受取の際にチラシを即時廃棄できるが、いつも満杯で、資源の浪費を想わせる)。

3.      トッパンの電子チラシ

  このような状況を背景に生まれたのが、トッパンの電子チラシサイト「Shuhoo!」である。紙のチラシと同じ画像を、パソコンやケータイで好きな時にチェックできる。郵便番号や地図からチラシがが検索できたり、パソコンを立ち上げるだけでお気に入りの店の新しいチラシの到着を知ることができるなど、紙のチラシにない特徴を備え、生活者にとって非常に便利なツールになっている。また、ポータルサイトの大手との提携によって媒体価値を高めている。

4.      企業による効果測定、傾向値予測

 アクセス解析によるマーケティングサポートが高速・明快である。

5.      ドコモを始め全ケータイで利用の趨勢

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

« Innovation of Solar Battery Module  | トップページ | Utilizing Space Environment  »