最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Proposal of Solar Residence | トップページ | Medicine vs. Cosmetic : Trade Mark Suit at IP High Court  »

2009年2月 1日 (日)

IP High Court Takes Back JPO Decision on Game Patent 

知財高裁が特許庁審決取消判決(2009-01-29)

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 ゲーム情報供給装置発明について特許出願した原告(X)が拒絶査定を受け、これを不服として審判請求したが、「請求が成り立たない」との審決を受けたので、その取消を知財高裁に訴求した。知財高裁は原告の請求を容認し、特許庁のsss審決を取消し、訴訟費用は被告特許庁長官の負担とすると判決した(2009-01-29)(下注)。

 主たる争点は、特許要件である「発明の新規性・進歩性」の特許庁査定および特許庁審決の認定における、誤りの有無である。

 知財高裁は「誤りが有る」と判断したので、その内容(SANARI PATENT要約)を考察する。

1.      引用発明の認定誤りによる相違点の看過

1-1      原告発明の請求項の記載は、「コンピュータを用いたゲーム情報供給装置で、クイズ形式の広告情報記憶手段、この情報を端末に送信表示させる手段、クイズの回答情報をネットワーク経由で送信する手段、ゲーム的メリットをネを介して受信する受信手段を有する」ことを核心とする。

1-2      これに対して引用発明は、ユーザーが所定の操作をすると、電子チップ流通サーバ装置が、原告発明におけるゲーム的メリットと共通する機能を営むため、特許庁の査定および審決は、原告発明と引用発明の一致(新規性・進歩性の否定)を認定した。

1-3      しかし、ゲーム発明は、ゲーム的メリットをネットワークを介して端末装置に送信するものであるのに対して、引用発明は、電子チップを端末装置に送信するものではないから、引用発明が「電子データであるメリットをネットワークを介して端末装置に送信する送信手段」を有するとした審決の認定は誤りである。

1-4      この点について被告特許庁は、「実質的には一致する」などの主張をしているが、引用発明とゲーム発明とは、同じ機能を実現するための具体的な構成が異なるから、単に実現される機能が同一であるという理由から、両者の具体的構成を同一視することはできない。

2.      SANARI PATENT所見

  新規性・進歩性の判断は、先端科学技術の発達に伴って変革することは必至であり、上記1-4の知財高裁判断を特に未読すべきである。

(注)平成20年(行ケ)10176審決取消請求事件

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

IP high Court、ゲーム情報供給装置、ゲーム、特許、電子チップ

« Proposal of Solar Residence | トップページ | Medicine vs. Cosmetic : Trade Mark Suit at IP High Court  »