最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« METI Presents Industry Innovation Revision Act  | トップページ | Selection of Companies for New Investment Policy  »

2009年2月 5日 (木)

ELPIDA Supposed as No.1 of Japan Government’s Hopeful Co. 

エルピーダメモリが産業活力再生改正法適用第1号(増資を政府支援)の可能性

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 昨夜のTV東京WBSがエルピーダメモリ(東証1部)を産業活力再生改正法適用の第1号候補として、政府の出資支援対象となる見込みを示唆したので、エルピーダメモリに対する関心は高まること必至とSANARI PATENTは予測する。

 野村証券・東洋経済の会社四季報によれば、「エルピーダメモリは半導体DRAM専業で世界3位。台湾企業と合弁の瑞晶電子を擁する。海外比率61%。汎用品の市況反落、ケータイ需要減が響く」。

2.(承前:2009-02-04記事) 産業活力再生特別措置法改正法案の要点

2-1 法律の題名を「産業活力の再生及び産業活動の革新ニ特別措置法」に改める。

2-2 法の目的を次のように定める(SANARI PATENT考察:内容が豊富・優秀であるため、修文的には「良い文章」ではない)。

 この法律は、わが国経済の持続的な発展を図るためには、その生産性の向上が重要であることにかんがみ、特別の措置として、事業者が実施する事業再構築、経営資源活用、経営資源融合、資源生産性革新を円滑化するための措置を、雇用の安定等に配慮しつつ講ずると共に、株式会社産業革新機構を設立し、特定事業活動の支援等に関する業務を行わせるための措置、中小企業の活力の再生を支援するためのの措置、および、事業再生を円滑化するための措置を講じ、併せて、事業活動における知的財産権の活用を促進することにより、わが国の産業活力の再生を図ると共に、わが国産業が最近における国際経済の構造的な変化に対応したものとなるための産業活動の革新に寄与することを目的とする。

2-2 定義を次のように定める

2-2-1 資源生産性: エネルギーの使用または鉱物資源の使用が、事業者の経済活動に貢献する程度。

2-2-2 資源生産性革新: 事業者が行う事業の全部または1部についての資源生産性を相当程度向上させることを目指した事業活動

2-2-3 資源生産性革新設備等: 資源生産性革新に必要な設備・施設であって、それらが導入される事業についての資源生産性を主務大臣(SANARI PATENT考察: 経済産業大臣単独となるか、業種の所管大臣を含むかなど要注目)の定める程度以上に向上させることが見込まれるもの (以下次回)

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

ELPIDA、エルピーダメモリ、産業活力再生改正法、経済産業大臣、資源生産性

« METI Presents Industry Innovation Revision Act  | トップページ | Selection of Companies for New Investment Policy  »