最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Current Status of Japanese Economy  | トップページ | Public Opinions on Internet Requested by the General Affairs Ministry  »

2009年1月17日 (土)

Main Problems Commented by METI Minister 

当面する内外諸問題について二階経済産業大臣の説明・応答

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 雇用、春闘、派遣労働、消費税引上等の国内課題、WTO、インド鉄道大臣訪日等の外交課題に加えて、国内・国外問題として西松献金について、二階経済産業大臣の記者会見説明・応答がなされた(2009-01-16)

 上記のうちWTO(世界貿易機関)のTRIPS協定は、加盟国の特許制度における技術分野による差別を禁止するものであり、WTO体制の動向は特許業務に直接間接の重要な影響を及ぼす。

 また西松献金問題は、佐成重範弁理士がJTEC(電気通信に関する国際協力機構)専務理事在任中の見聞に徴しても、途上国における経済倫理の考え方自体の相違から、対途上国側献金については不可避的側面を想像する。

 二階経済産業大臣の上記記者会見説明・応答の内容(SANARI PATENT要約)は、

1.      製造業への派遣禁止について

1-1      質問: 現時点では、禁止によるプラス面よりもマイナス面の方が多いというご認識と解してよろしいか。

1-2      応答: ケースバイケースである。それぞれの企業で労使協議されることが重要である。中長期的に見て、働く人達のプラスになる方向に、幅広く検討すべきである。

2          春闘について

2-1      質問: 経済界に賃上げ要請をされた経緯もあるが、現在のスタンスはどうか。

2-2      応答: 労使共同宣言がなされたようだが、経済が非常に疲弊している現在、労使協調が最重要で、経済産業省としてはその円満な推移に協力したい。私が賃上げ要請した頃と、バックグランドは全く塗り替えられていることも勘案しなければならない。

3.消費税について

3-1 質問: 法案付則に対する自民党内賛否両論についてご所見はどうか。

3-2 応答: 自民党は民主的政党であるから、意見交換しつつ、合意に向かいつつあるとの報告を受けており、関心をもって見守る。

4.西松建設事件について

4-1 質問: 事実関係はどうか。

4-2 応答: 詳細は関係者から聴取して見る。

5.WTOについて

  世界経済フォーラム年次総会とWTO非公式への招待を受けている。経済危機が貿易に与える影響についても議論されると思う。保護主義の台頭を防いでいくべき点や、貿易金融が果たすべき役割について、相互に認識する必要がある。

6.インド鉄道大臣との会談について

  昨日(2009-01-15)会談したが、デリー・ムンバイ産業大動脈構想などについて協力したいと述べた。

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

WTOTRIPS、派遣労働、春闘、インド

« Current Status of Japanese Economy  | トップページ | Public Opinions on Internet Requested by the General Affairs Ministry  »