最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Coping With Dramatic Change of the World Economy  | トップページ | What is the Evaluation of Environmental Power ?  »

2009年1月 8日 (木)

Japanese God of Intellectual Property 

鎌倉鶴岡八幡宮祭神礼拝の知財戦略ご利益

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

Sub Site http://plaza.rakuten.co.jp/manepat

 今日8日は、各社・各業界団体の年賀会が重複して、同じホテルの中を賀詞呈上で上下している名士も多いことと思う。佐成重範弁理士は毎年、鎌倉・鶴岡会館で開催される関係先の年賀会から帰ったところだが、鶴岡八幡宮の祭神、応神天皇は智略・戦略に優れた事績を残して、源頼朝が厚く崇拝したので、同様に毎年、知的財産の神として礼拝している。

GDPや特許数、理科学力など、ランキングで考える時代なので、初詣参拝者数のランキングも話題だが、2008年初の鶴岡八幡宮は第5位で、2004年の9位、2006年の8位から、年々上位に昇っている。警察庁の調査に基づくから、措信できよう。2008年の順位は、明治神宮317万人、成田山新勝寺298万人、川崎大師296万人、伏見稲荷大社269万人、鶴岡八幡宮247万人、熱田神宮235万人、住吉大社234万人、浅草寺221万人、大宮氷川神社203万人、太宰府天満宮202万人で、初詣総人数は9818万人、2007年より23万人多い。

2008年の数字で特に注目されるのは、2007年対比の増加人数で、鶴岡八幡宮のみが13万人増で、他は一桁増または微減・増減なしである。

佐成重範弁理士はこらから、霞関ビルの弁理士会年賀会に出席するが、さて、どのようなライセンスンキングが話題になるか。

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

God of IP、鶴岡八幡宮、明治神宮、成田山新勝寺、初詣

« Coping With Dramatic Change of the World Economy  | トップページ | What is the Evaluation of Environmental Power ?  »