最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Around 40 of Female and Male  | トップページ | Japan Data Center Council Starts  »

2008年12月 3日 (水)

Concerns of Press at METI Minister Interview on Dec.2 

雇用対策、内閣支持率、景気認識、資源価格について二階経済産業大臣応答(昨日)

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/

 

 標記会見の質疑応答段階の内容(SANARI PATENT要約)を考察する。

1.      雇用対策

1-1      質疑: 経済産業省の今後の対応として、経済界に対する要請・指導が中心になるか。

1-2      応答: 先ず現在雇用して企業で働いている人達をできるだけ温存できるよう要請する。例えば東レは、殖産会社というものを別途作って、退職者を吸収している(SANARI PATENT考察:  雇用の維持拡大と賃上げの同時要請については、国際競争力強化やワークシェアリングなどの従来からの政策・戦略との関係で、おのずから重点の配分が異なるはずである)。

2          内閣支持率

2-1      質疑: 急落の原因について所見はどうか。

2-2      応答: 支持率を回復するよう努力する。

3          景気認識

3-1      質疑: 自動車販売が前年対比27%減、株式市場も低迷しているが、所見はどうか。

3-2      応答: かなり思い切ったことをやってゆかなければならない。不安感をできるだけ早く払拭したい。雇用の問題ひとつにしても、経済産業省でやれる範囲は、ある程度制限されている、決まっているが、関係省と協力すればボリュームのある対策となる。建設業についても閣内において支援する。

4.資源価格

4-1 質疑; 週末、サウジアラビアの国王とナイミ石油大臣が、原油価格について、「75ドルが、生産コストの高いところの供給確保のためフェア」と発言された旨、報道されたが、この意見に同意するか。また、現在正当化される価格レベルをどのように考えるか。

   原油価格に限らず、鉄鉱石などの資源全般が3カ月前に比べて非常に低水準にあるが、資源高を前提とする政策の重点について見直すか(SANARI PATENT考察: 当然の質疑で、価格変動に対応する政策修正も迅速であるべきである)。

4-2 応答: 原油価格の適切な数値は大変微妙な問題である。産油国においても適切な価格での安定が望まれているが、その数値は先方が決めることであり、われわれとしては、産油国がわれわれに対して望むこと、例えば航空乗り入れ、農業支援、新エネ開発などに協力し、われわれの価格希望も要請するという立場である。

   その他の資源価格低落について、政策変更の予定は今のところはない。低落が一時的なものか、継続するのかを先ず見極めなければならない。いずれにせよ、資源入手確保のための資源外交を活発に行う(SANARI PATENT考察:  資源価格の変動自体を常態と前提する政策、例えば消費財物価への適切な反映が必要である。

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

METI Minister、東レ、雇用対策、内閣支持率、景気認識、資源価格

« Around 40 of Female and Male  | トップページ | Japan Data Center Council Starts  »