最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Current Status of Japan Brand Strategy | トップページ | Asia Contents Project by Kadokawa Group »

2008年9月22日 (月)

NEC Receives World’s First IMS-Based Femtocell System Order

NEC Receives World’s First IMS-Based Femtocell System Order from SOFTBANK MOBILE: NECが本日2つの重要発表:フェムトセルシステムとパネル衝突空冷技術

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/ 総務省がBSデジタル放送解説

 NECが本日発表した2つの事項は、「IMS方式Femtocell Systemの実用化」および「液晶プロジェクタ冷却の効率化」に関する技術として、極めて注目すべきであると、SANARI PATENTは考える。

1.      IMS方式Femtocell Systemの本格実用化

  NECの「世界初のIMS方式によるフェムトセルシステムをソフトバンク・モバイルから受注」(副題「平成21年1月の商用化に向けて」)と題する発表(Sept.22, 2008)の内容(SANARI PATENT要約)を考察する。

1-1        IMS方式フェムトセルシステムは、IMS CoreFemto GW、およびFemto APで構成される。ソフトバンク・モバイルでは今年の6月に商用のIMS方式フェムトセルシステム構築を完了し、トライアルを開始したが、来年1月から本格的に商用化する。

1-2        フェムトセルは、家庭に設置する超小型の無線基地局で、ケータイの電波を、屋内に引き込まれているブロードバンド回線を利用して送受信できる。電波が届き難い室内でも、ケータイを利用でき、また高速広帯域通信を一家庭で占有できることから、ケータイ向けの新たなデータサービスが見込まれる。

1-3        このたびNECがソフトバンク・モバイルから受注したIMS方式フェムトセルシステムは、フェムトセルからの通信をSIPサーバで構成されるIMSで独立して制御するので、既存ケータイ網に負荷が加わらず、ケータイ網全体の負荷分散になる。

1-4        NECはフェムトセルにいち早く着手し、欧州を中心として各社トライアルに機器システムを提供している。

2.      液晶プロジェクタ冷却の効率化

次にmNECの「液晶プロジェクターを効率的」に冷却するパネル衝突空冷技術を開発」と題する発表(Sept.22, 2008)の内容(SANARI PATENT要約)を考察する。

2-1 このたび開発した技術は、液晶プロジェクターの装置内部の、液晶パネル、偏光板などから構成される光学パネルの空冷方式として、各パネル間の狭い空間内に異なる2方向から空気を流し、光学パネル隙間の中央付近で送風を衝突させて、光学部品を冷却するものである。

2-2 この冷却方式により、従来の一方向から空気を流す空冷方式よりも高い冷却性能を実現することに成功した。すなわち、この技術によって光学パネル動作時の温度上昇を従来よりも10%~20%程度抑えることができ、メンテナンス頻度の低減と、消耗品廃棄量の低減、冷却ファン消費電力および付帯騒音の低減に寄与する。

3.      SANARI PATENT所見

上記1-3の「ケータイ網全体の負荷分散」、2-2の「メンテナンス頻度の低減と、消耗品廃棄量の低減、冷却ファン消費電力および付帯騒音の低減」という効果は、IT利用も高度化、および、エネルギー・資源・環境対策上、極めて重要な意義を、グローバルに発揮してゆくものと考える。

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

Femtocell System NEC、ソフトバンク・モバイル、液晶プロジェクター、ケータイ

« Current Status of Japan Brand Strategy | トップページ | Asia Contents Project by Kadokawa Group »