最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« METI Minister Stresses Resources Productivity | トップページ | Life Science Requests Minute Manipulation Engineering »

2008年9月10日 (水)

METI Minister Stresses Resources Productivity

METI Minister Stresses Resources Productivity: 「新経済成長戦略」改定案について二階経済産業大臣の記者会見応答(Sept.9, 2008)

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/ 

 経済産業省は、現行新経済成長戦略策定当時に想定していなかった資源価格の高騰などの環境変化を踏まえて、新経済成長戦略の改定を発表したが(Sept.9, 2008)、同日の定例記者会見において二階経済産業大臣は次のように述べている(SANARI PATENT要約)。

「今日の閣議では、新経済成長戦略について、わが国の経済が資源価格の高騰や、将来の不安の高まりなど、様々な課題に直面している中で、国民に対して生活に、経済に、自信と安心を与えることができるよう、成長への明確な道筋を示す必要があること、特に経済産業省の責務は重いことから、前回私が経済産業大臣であった時に取りまとめた新経済成長戦略の改定案を説明した。」

「まず、資源生産性の抜本的向上により、資源高時代、あるいは低炭素社会の勝者になることである。

 次に、製品サービスの高付加価値化を図ると共に、世界の市場に積極的に挑戦してゆく、そして世界の市場を獲得する努力を官民挙げて推進することが必要である。」

「この2つの基本的戦略のもとで、具体的には以下3つの柱から成る政策を実行したい。

(1)   先ず、資源価格の高騰を、むしろ日本の強みに転換できる新たな経済産業構造の構築が重要である。具体的には、新エネ・省エネの投資促進である。

 次に、イノベーション創造機構の創設を考えている。

 また、国土交通省と連携して、スーパー中枢港湾の整備による物流の効率化を図る。

(2)   二つ目に、世界市場獲得のために徹底したグローバル化が必要である。具体的には、新興国・資源国とのEPA、投資協定締結を加速したい。

また、最近ようやくスタートできたERIAを核とする東アジアの経済統合を更に積極的に推進する。

(3)   三つ目に、地域・中小企業・農業、これらに従事する方々と共に、未来志向の活性化・地域振興を実現する。具体的には、地域医療のネットワーク化の支援、遠隔地医療への技術的対策、対応の質の向上を進める。

 また、中小企業の海外展開について、私が歴訪したアジア諸国でも強い期待を寄せていることに応えたい。

 さらに、農商工連携、地域ブランドの保護を強化したい。」

以上の二階経済産業大臣説明に対して、「新政府、新内閣への引継ぎ」について記者団から質問があり、二階経済産業大臣は、経済成長率2.4%を堅持してオール日本で対応すべき課題であると応答されたが、まさにその通りで、特に「資源生産性の向上」は極めて重要な日本経済の課題であると、SANARI PATENTは考える。

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

METI Minister、新経済成長戦略。資源生産性、二階経済産業大臣、世界市場

« METI Minister Stresses Resources Productivity | トップページ | Life Science Requests Minute Manipulation Engineering »