最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Corporate Mission is to Create Future of Beverage Business | トップページ | Tata Motors Suspends Work on Nano Plant in Singur »

2008年9月 1日 (月)

Economic Structure Meeting to Higher Price Resources

METI 2009 Fiscal Year Budget Demand Stresses Realization of Economic Structure Meeting to Higher Price Resources : 経済産業省2009年度予算重点

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/ 昭栄の投資価値展開

 各省来年度予算要求の対財務省提出期限が8月末で、経済産業省は、一般会計、エネルギー対策特別会計、特許特別会計、貿易再保険特別会計の合計1兆6348億円(対平成20年度予算比10.3%増)を要求した。

 特許特別会計要求額は2119億円で、本年度予算と同額である。

 知財開発の戦略基盤の一つは経済産業政策の重点であり、その意味で要求の内容(SANARI PATENT要約)を考察する。

1.      基本認識

1-1      現下の資源価格の高騰は、世界的な需給逼迫という構造的な変化によるものである。わが国の企業活動や国民生活が前提としてきた価格体系が崩れつつある。

1-2      この「危機」をむしろ「チャンス」に変えてゆくため、次の3つの課題に総力を挙げる。

1-2-1 低炭素社会の実現に向けたエネルギー需給構造革新

1-2-2 資源高時代に対応した経済構造実現のため、イノベーションの促進と、それにより生みだされるわが国の「強み」をグローバルに展開し、所得を獲得する新たな成長メカニズムの確立

1-2-3 急激な資源高に伴うショックが直撃する地域・中小企業等の痛みの克   服

2.      重点事項

2-1 エネルギー需給構造革新(低炭素社会の実現について)

2-1-1 エネルギー供給構造の革新

2-1-1-1 新エネ導入加速支援の強化、コスト負担の在り方検討

2-1-1-2 安全で平和的な原子力利用の拡大

2-1-1-3 太陽光発電、蓄電池、CCS(SANARI PATENT注:CO2埋没:Carbon Dioxide Capture and Storage)等の、2050年CO2排出量半減のための技術開発

2-1-1-4 メタンハイドレートの実用化に向けた技術開発・実証の加速

2-1-2 エネルギー需要構造の革新

2-1-2-1 税制のグリーン化

2-1-2-2 企業や製品のCO2排出量の「見える化」

2-1-2-3 革新的省エネの実現

2-1-2-4 IT活用による産業・生活の低炭素化

2-1-2-5 アジア環境問題解決の技術協力

2-1-2-6 国内排出量取引の試行

2-1-3 資源価格安定化戦略

2-1-3-1 資源国への増産の働きかけ

2-1-3-2 安定供給に向けた資源国との戦略的関係強化

2-1-3-3 レアメタル・鉄鉱石等の探査。生産技術の強化、

2-1-3-4 リサイクル、代替材料の開発

2-1-3-5 商品先物取引市場の透明性向上

2-1-4 地域発新社会システム実証プロジェクト

2-2 新たな成長メカニズムの確立(所得流出・人口減少を凌駕)

2-2-1 低炭素社会の実現を通じた成長力の強化

2-2-2 イノベーションによる新しい国富の創造

2-2-3 グローバルな活力の取り込み

3.      SANARI PATENT所見

3-1 三井化学が創案したような、「CO2を原料とするプラスチックスの製造」の本格的生産促進を強調すべきである。

3-2 農産品の都市周辺工場生産化による輸送エネルギー削減を計画すべきである。

3-3 IT活用による在宅勤務など、交通エネルギーの削減を計画すべきである。

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

Budget Demand Economic Structure、三井化学、メタンハイドレート、CCS

« Corporate Mission is to Create Future of Beverage Business | トップページ | Tata Motors Suspends Work on Nano Plant in Singur »