最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« METI Small Enterprises Policy for Anti High Oil Price | トップページ | KDDI as Authorized Agent of ZIBUN Bank »

2008年8月 6日 (水)

METI Reports the Establishment of Consortium for IT Reliability

METI Reports the Establishment of Consortium for IT Reliability:経済産業省が「情報システム・ソフトウェア取引高度化コンソーシアム」設立を発表

弁理士 佐成 重範 Google検索 SANARI PATENT

Hub Site http://sanaripatent.blogspot.com/ 

1.      経済産業省発表(2008-8-5)の内容(SANARI PATENT要約)

1-1      経済産業省が策定した「情報システムの信頼性向上のための取引慣行・契約モデル」の普及を始め、情報システムにおける取引の高度化を図るため、今般、「情報システム・ソフトウェア取引高度化コンソーシアム」が設立されることとなった。

1-2      わが国の国民生活と社会経済活動におけるIT利用度が著しく高まり、情報システム障害が社会に与える影響は日々深刻化している。情報システムの信頼性を高めるためには、情報システム分野における契約条項の明確化や、ユーザー・ベンダー間の取引関係の可視化が必要である。

1-3      このコンソーシアムは、以下の活動を行う。

1-3-1 モデル契約書E-Learningの活用・メンテナンス

1-3-2 IT法務の知識を有する者の認証枠組み整備

1-3-3 モデル契約書追補版の活用ガイド作成

1-3-4 モデル契約書 セミナの開催

1-3-5 情報システム関係の保険制度検討

1-4      このコンソーシアムは、弁護士等の有識者のほか、情報サービス産業協会、電子情報技術産業協会、日本情報システム・ユーザー協会、コンピュータソフトウェア協会、日本コンピュータシステム販売店協会、ITコーディネータ協会、ソフトウェア情報センターが参加する。

2          SANARI PATENT所見

経済産業省は「情報システムの信頼性向上のための取引慣行・契約に関する研究会」を設けて今次案を作成したが、この研究会には業界から、新日鐵ソリューションズ・飯塚顕治シニアマネージャー、日興シティグル-プ証券・池原 進・メネジングディレクター、日本総研・大谷和子・法務部長、富士通・鈴木康史・法務部長代理、東京海上日動火災保険・西村 隆・IT予算グル-プ課長、JTB情報システム・野々垣典男・グル-プIT推進室長、アップデートタクノロジー・板東直樹社長、日本電気・松本美信・契約支援部部長、富士通・村上憲稔・エグゼクティブアーキテクト等が関係団体の役職をもって参画しており、実用直結である。

(記事修正のご要求・ご意見は sanaripat@gmail.com に送信下さい)

METI Consortium IT Reliability、新日鐵、富士通、日本総研

« METI Small Enterprises Policy for Anti High Oil Price | トップページ | KDDI as Authorized Agent of ZIBUN Bank »