最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ORIX in India インド事業の展開 | トップページ | Global Development System of ASTELLAS »

2008年3月 5日 (水)

SONY Commercializes BEADS Platform

SONY Commercializes BEADS Platform:対広域・多拠点コンテンツ配信の新システム

弁理士 佐成 重範 sanaripat@nifty.com  Google検索SANARI PATENT

別サイト http://sanaripatent.blogspot.com/ Global Innovation2008-3-5記事)

1.        コンテンツ配信メディアの高度化

1-1 「文化創造のコラボレ-ション」、「消費者すべてコンテンツ発信」など、ADSLの容量不足を偶発するまでに、動画等の高Bitsコンテンツが送受信される現状となった。また、特定・多数・広汎な受信者への映像コンテンツ送信に対する需要も増大する。

1-2 ソニ-が発表(2008-3-3)した「BEADS」の新開発は、Digital Signage

 Service Platformとして、広域・多拠点へのコンテンツ配信を可能にするもので、コンテンツ流通の新しいメディアが加わることとなる。その機能をソニ-は次のように述べている。(SANARI PATENT要約)

1-2-1 BEADS (Bilateral Electrical Advertisement Distribution System)は、インタ-ネット網を活用し、最大1万台のディスプレイへのセキュアなコンテンツ配信が可能なサ-ビスプラットフォ-ムである。

1-2-2 このため、流通業店舗や駅などの全国規模の拠点や、大型商業施設に設置された多数のディスプレイに対して、一斉に映像情報を配信できる。ディスプレイごとに異なる情報の配信もできるため、設置シ-ンに応じた情報配信が可能である。

1-2-3 2008年度上期には、BEADSを採用したデジタルサイネ-ジマネ-ジメント(運営受託)サ-ビスを開始する予定で、顧客にディスプレイおよびディスプレイコントロ-ラなどを購入していただき、コンサルティング、システム導入から、コンテンツ制作、運用、監視、保守まで、デジタルサイネ-ジに関するト-タルソリュ-ションを提供する。

1-2-4 今月3~7日に、東京ビッグサイト「リテ-ルテックジャパン2008」において、提案例を展示する。

1-2-5 今春中に、伊勢丹新宿店前地下通路で運用を開始し、店舗情報などを配信し、店頭での販促・集客に利用される。

1-2-6 BEADSの特徴

1-2-6-1 RSA公開鍵認証を使ったセキュリティシステム

1-2-6-2 多チャンネル配信管理によるフレキシブルなコンテンツ編集機能

1-2-6-3 効果的な空間演出を実現するリアルマルチディスプレイ表示機能

1-2-6-4 高精度シンクロ再生機能

1-2-6-5 監視機能

1-2-6-6 テロップ、画面分割など多機能包含

2.        SANARI PATENT所見

  上記1-2-5の新宿伊勢丹店周辺は、JR

東日本新宿駅

を中心とする地下地上一体化の極めて大規模な開発が、7年後の完成を目指して、深夜工事が進行している。現地実施の先駆けとして好適である。

(この記事修正のご要求やご意見は、sanaripat@nifty.com に、ご記名ご送信ください)

SONYBEADS、コンテンツ、配信、新宿、伊勢丹

« ORIX in India インド事業の展開 | トップページ | Global Development System of ASTELLAS »