最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« RISA Partners Inc. as a Fund Business | トップページ | Microsoft Innovation Center (MIC) »

2008年3月10日 (月)

RISA Partners Inc. as a Fund Business

RISA Partners Inc. as a Fund Business Model:リサ・パ-トナ-ズ(東証1部)のファンド事業展開と陣容

弁理士 佐成 重範 sanaripat@nifty.com  Google検索SANARI PATENT

別サイト http://sanaripatent.blogspot.com/ Crowd Sourcing, Open InnovationOpen Source Software (2008-3-10)

別サイト http://d.hatena.ne.jp/SANARI/ Innovation Project for Cool Earth Energy (2008-3-9)

 ファンド事業が、世界経済・国民経済の変動ないし革新を起動する質的量的にパワフルな要素として、グロ-バルに大きな関心を集めている。わが国では政府系ファンド事業創設の適否が検討の緒に着いたばかりで、産油国ファンド事業などの動向を受身で注視インフラ防衛の在り方を検討している段階にある。

しかし、わが国においても、民間企業としてファンド事業が果たすべき「世界金融構造変革への即応ないし誘導」および「社会経済のイノベ-ション起動」の機能は、急速に成長かつ展開してゆくものと、SANARI PATENTは期待する。

株式会社リサ・パ-トナ-ズの事業報告(2007-1-1~12-31)を受信した機会に、同社のファンド事業を通じてわが国ファンド事業の展開を考察する。

1.        リサ・パ-トナ-ズの特色

1-1        野村證券・東洋経済の会社四季報によれば、

1-1-1リサ・パ-トナ-ズは1999年4月設立。不良債権の価値評価から出発し、不動産運用・管理に進んだ。企業再生コンサルも拡大している。

1-1-2 ソロス氏と提携(SANARI PATENT 注:Mr.George Sorosは、米国ソロスファンドマネ-ジメントの会長)

1-1-3 2007年売上高予想275億円、営業利益予想120億円(SANARI PATENT 注:実績報告では各274.4億円、119.3億円で、2006年の各166億円、65億円から著増した)

2.リサ・パ-トナ-ズの今次報告〔SANARI PATENT要約〕

2-1 金融市場においては、わが国地域金融機関において業界再編が活発化しつつあること等を背景として、不良債権処理が進み、流通業など競合の激しい分野でも業界再編が拡大して、リサ・パ-トナ-ズの投資機会が大きく増大した。

2-2 不動産取引も、大都市圏においてオフィス需要が引続いて堅調であった。(SANARI PATENT 注:別サイト http://sanaripatent.blogspot.com/ 興銀リ-スにおける丸の内と都心5区の対比、外国主要都市との対比ご参照 2008-3-1)

2-3  このような事業環境のもとでリサ・パ-トナ-ズは、様々な投資案件に対して迅速に対応することにより、多大な投資結果を得た。さらには、投資先や投資物件に対して適切に対応した結果、企業価値の増大や投資物件のバリュ-アップに成功した。

2-4 昨年末に、日本格付研究所から、長期優先債務格付けBBBを取得した。

2.        SANARI PATENT所見

  リサ・パ-トナ-ズの今次定時株主総会は3月28日に招集されるが、取締役全員(現在4名)の任期満了に伴い、5名の選任を付議する。日本長期信用銀行、イト-ヨ-カ堂の出身者と共に、経済産業省次官級OBが加わり、対米法務・国際金融・民間ベ-ス複合投資の事業拡大が期待される。

(この記事修正のご要求やご意見は、sanaripat@nifty.com に、ご記名ご送信ください)

 RISA Partners Fund Business Soros、ファンド事業、興銀リ-ス

« RISA Partners Inc. as a Fund Business | トップページ | Microsoft Innovation Center (MIC) »