最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Cultivation of Talents in Intellectual Property | トップページ | Government Decision for Natural Resources »

2008年3月29日 (土)

Invests in Nuclear Innovation North America

TOSHIBA Invests in Nuclear Innovation North America LLC:改良沸騰水型原子力発電所建設などにおける東芝のグロ-バルな地位

弁理士 佐成 重範 sanaripat@nifty.com  Google検索SANARI PATENT

別サイト http://sanaripatent.blogspot.com/ 東燃ゼネラル石油の差別化戦略

(2008-3-29記事)

1.        原子力白書(2008-3)における原子力発電

  原子力委員会が先日公表した原子力白書(2008-3)には、原子力発電について次のように述べている。(SANARI PATENT要約)

1-1        地球温暖化対策として原子力エネルギ-利用が有効であるという認識は、世界の様々な地域・国々において広がりつつある。例えば欧州理事会は、加盟各国のエネルギ-選択肢を全面的に尊重するとしつつ、エネルギ-の安定供給と二酸化炭素排出の削減における原子力エネルギ-の評価に留意するとしている。

1-2        また、原子力関係の資機材・技術等を供給する能力のある国々の輸出管理政策協調を目的とする原子力供給国グル-プ(NSG)では、濃縮・再処理等に関する機微な資機材・技術の移転制限やIAEA追加議定書を供給条件とすることについて、活発な議論が継続されている。

2.        東芝が米国NRG Energy Incに出資(2008-3-26 東芝発表)SANARI PATENT要約)

2-1        東芝は本日、米国の総合発電事業会社NRG Energy Incが設立したABWR型(改良沸騰水型)原子力発電所の事業開発会社・Nuclear Innovation North Americaに、3億米ドルを出資することを合意した。

2-2        東芝は今回の新会社への出資により、NRG社と米国電力会社CPS Energyがテキサス州で2015~2016年の運開を目指して計画中のSouth Texas Projectにおいて、米国初のABWA型原子力発電所3・4号機建設計画の速やかな遂行に協力する。さらに、NRGが上記プラント以外に検討中の原子力発電所についても参 画し、北米におけるABWR型原子力発電所の普及・推進を図る。

2-3        上記新会社では、東芝が有するABWR建設プロジェクト管理のノウハウ・実績と、NPG社が有する資金調達能力・許認可対応の経験、および、米国内電力会社との繋がり等のシナ-ジ-を図り、北米における新規建設プロジェクトを共同で推進・運営する。

2-4        また東芝は昨年、上記2-2機の先行エンジニアリング業務を受注したが、このほど正式に主契約者に選定され、建設までのエンジニアリング、主要機器等の納入を一括受託することとなった。今夏までに、諸条件を合意し、建設工事を含めたプロジェクト全体に関する最終契約を締結する。

2-5        今回の事業開発会社への資本参加により東芝は、米国内の原子力事業拡大に向け設立した「東芝アメリカ原子力エナジ-社」と共に、原子力発電所の新規建設・運営等に関して、さらに事業を展開する。

3.        SANARI PATENT所見

上記新会社Nuclear Innovation North America LLCの出資比率はURG88%、東芝12%2008-5予定のクロ-ジング時点で)、所在地はNew Yorkと予定されている。事業内容は、「上記プロジェクト推進のほか、北米でのABWR型原子力発電所新規建設に関するプロジェクトの推進(企画、立案、許認可対応支援)と掲記され、原子力発電所建設における東芝のグロ-バルに顕著な地位を示している。

(この記事修正のご要求やご意見は、sanaripat@nifty.com に、ご記名ご送信ください)

ABWRNSGIAEA、原子力発電所、東芝、欧州理事会

« Cultivation of Talents in Intellectual Property | トップページ | Government Decision for Natural Resources »