最近のトラックバック

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« IP High Court Illustrates Technological Common Knowledge on Isomerism:知財高裁8月21日判決:気道疾患処置用医薬組成物(用途発明)の特許性 | トップページ | Republic of Korea Occupies World No.2 Status in WIPO Report on Resident Patent Filings per Million Population »

2007年8月27日 (月)

Government Policy for Implementing Japan Brand Strategy to be supported by NIFTY MegaBuzz 第1弾は「味の素」のトクホ健康食品

In order to make healthy Japanese Food known worldwide:  Utilizing the Regionally-Based Collective Mark System:  ブランド戦略内外展開の新戦力

弁理士 佐成 重範(Web検索SANARI PATENT

(この記事に対する修正ご要求は、patent@sanari.nameにメ-ル下さい)

  

企業戦略においても国家戦略においても、ブランド戦略がその主力となることは、わが国では内閣知財戦略本部の知財推進計画07に明示されているし、新興諸国も挙って自国ブランド政策を国際経済政策の核心としていることから明白である。

  ブランドの確立は企業の知財と経済外交の協働によらなければならないが、さらに第3の起動力として、全世界のサイバスペ-スを制御する有力インタ-ネットサ-ビスプロバイダやサ-チサ-ビスプロバイダの支援を活用する局面に先駆することが、ブランド戦略の優劣を決定する情勢となった。

  この見地から、ニフティとサイバ-バズのブランドサ-ビス新展開(2007-8-22両社公表)に注目する。

1.        ニフティとサイバ-バズのブランドサ-ビス新展開

1-1  両社の上記公表は、「企業のブランドごとにブログ・インフルエンサ-を抽出、クチコミプロミ-ションの実施(SANARI PATENT 注:ここで「クチコミ」とは、ブログクチコミと、これから派生するいわゆるクチコミを総称すると解するが、わが国内だけでもブログ人口が1000万人に近づきつつあり、先進諸国の従来インタ-ネットブログ人口および中国等のケ―タイ巨大人口を考えると、その影響力は規模的コスト的に圧倒的に強大化すると考える)、効果検証までワンストップで提供する大規模クチコミマ-ケッティング支援サ-ビス「MegaBuzz」(メガバズ)を2007年8月22日から開始」するという標記のもとで、次のように述べている。(SANARI PATENT要約)

1-1-1 第1弾として、味の素ゼネラルフ-ズが8月21日から全国発売する「体脂肪低減効果によるトクホ(特定保健用食品の認可を得ている『ベレンディ 香るブラック』を予定している。嗜好品にも健康にも関心と意識が高いブログ・インフルエンサ-を共同発掘してアプロ-チし、大規模な体験型クチコミサンプリング・イベント等を実施して、大規模な市場を創出する。

1-1-2 「MegaBuzz」(メガバズ)の特徴は、

1-1-2-1 プロモ-ション実施前に、企業のブランドごとの商品特性に合致したブログ・インフルエンサ-を、サイババズ会員の中から抽出する。これに加えて、ニフティの多角度的なブログ評判分析サ-ビス「BuzzPlus」を用いてブランド関与度・ネットワ-ク規模など十数項目の独自指標に基づき、ブログ全体からもブログインフルエンサ-多数を抽出し、体験型クチコミサンプリングイベントへの参加を促進する。

1-1-2-2 企業はブランドごとに、ブランド体験の機会をブログインフルエンサ-に提供し、ブログインフルエンサ-ののブログによって、その意見・感想としてブログクチコミされることを主眼とする(SANARI PATENT 注:コスト効率が極めて良好と考える)。これにより企業は、自社ブランドにロイヤリティが高い消費者と、とり深い関係を構築しつつ、クチコミの機会と効果を最大化することができる。

1-2 プロモ-ション実施後、あらかじめ設定した効果指標に基づいて、ブログクチコミの波及を定性的・定量的に分析・検証できる。

2.        消費者発信情報(CGM: Consumer Generated Message)の開発・活用の先端システムとして評価

2-1  従来、消費者はアンケ-ト調査等の受動的機会が付与された場合にのみ商品に対する意見を表明できたから自発性を欠き、企業側のコストも大であった。ブログの急速な発展は、従来の個別ホ-ムペ-ジよりも遥かに簡便でクチコミ範囲と速度が優秀な「消費者発信の商品情報」機能を現出した。

2-2  この新たな消費者主体の情報デ―タ構築は、企業側の意向に影響されない自主的意見表明の豊富な機会を保証し、客観性・透明性・多数参加性において、ブランド形成に重要な役割を果たすと考える。

3.        SANARI PATENT所見

  ブランドは、若い女性同様に強いが、純白の雪やホワイトのように傷付き易い側面がある。ニフティ・メガバズが、「味の素」というグロ-バルに確立されたブランドの、トクホ(国が認定)新製品でグロ-バルに関心深い「体脂肪適正効果」の新しい商品から、着手することは、そのこと自体が優秀なブランド戦略である。

« IP High Court Illustrates Technological Common Knowledge on Isomerism:知財高裁8月21日判決:気道疾患処置用医薬組成物(用途発明)の特許性 | トップページ | Republic of Korea Occupies World No.2 Status in WIPO Report on Resident Patent Filings per Million Population »